ラフル・ヴォーラは、メールのあり方を変えようと画策するスタートアップ、Superhuman(スーパーヒューマン)の創業者兼最高経営責任者(CEO)だ。ゲームデザインの世界でキャリアをスタートさせた彼は、その後Rapportive(ラポーティヴ)という名の会社を創業し、メールを送ってきた相手の情報をソーシャルメディアで検索して表示するGmailユーザー向けの連絡先管理ツールを提供した。同社はのちに、リンクトインに買収されている。

「メールは生産性向上の“救世主”になる:高速処理ツール「Superhuman」が目指すコラボレーション革命」の写真・リンク付きの記事はこちら

ともすれば、生産性を害するとして目の敵にされがちなメール。だがヴォーラは、これがむしろ生産性向上の救世主になり得ると確信しているという。その真意を確かめるべく、『WIRED』UK版がヴォーラに取材した。

Slackは生産性を犠牲にしている

──新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、「Slack」をはじめとする共同作業ツールを使う人が増えています。これが生産性の未来の姿なのでしょうか?

Slackのシンクロ性とスピードは見事ですが、それゆえに真の生産性を欠いてしまっている気がします。過去10年間、コラボレーションツールの開発には過剰なほど巨額の資金が投じられ、そのせいで逆に生産性が犠牲になってきました。そのきっかけとなったのは、スラックとGitHub(ギットハブ)です。両社がいわゆる「デカコーン企業」[編註:企業評価額が100億ドルを超えるユニコーン企業]の成功物語をつくり上げたがゆえに、起業家たちはこぞって次なるコラボレーションツールを開発しようと夢を追っているのです。

しかし、SlackやGitHubは個人の生産性を犠牲にすることで成り立つツールです。例えば、今朝のわたしのSlack画面は未読メッセージでいっぱいだったでしょう。各チャンネルに10件ほどの別々のトピックが、ごちゃごちゃと脈絡なく詰め込まれているのです。これは、ある意味そういう設計になっていると言えるでしょう。ハムスターの回しグルマのように、常にSlackの画面をチェックせずにはいられないようになっているのです。

しかし、今後数年の間に、メールや日程表、タスク管理といった生産性向上の核となる部分に対して大規模な再投資がなされることになるでしょう。

──メールはそれ自体が共同作業のためのツールになりうると思われますか?

そうですね。いまのメールの使われ方を考えてみてください。メールは非常にベーシックな伝達手段ですが、われわれは実に多様な使い方をしています。例えば、作業指示や進捗報告、予定の調整、ファイルの共有などです。いま挙げた使い方を考えるだけでも、それぞれから派生するさらにパワフルな共同作業ツール構築の可能性が想像できるでしょう。メールの見た目や使用感、役割も変わっていくかもしれません。

「メール処理に月額3,000円」が通用する理由

──メールに共同作業ツールとしての要素を追加することは必然であるように思えます。これまで実行した人がいなかったのは、なぜでしょうか?

Yコンビネーターの共同創業者であるポール・グレアムは、「シュレップ・ブラインドネス」(schlep blindness:面倒な仕事の無視)というコンセプトを考案しました。問題があまりに大きく、恐ろしげに見えるとき、人間の脳はそこから目をそらすことで自らを守ろうとするというのです。

過去2世代の起業家たちも、メールの問題に気づきながら目を背けてきました。わたしはSuperhumanを設立して7年ほどになりますし、過去にメール関連の企業を売却した経験もあるので、シュレップ・ブラインドネスを何とか克服できたと思っています。Gmailやマイクロソフトに戦いを挑むなら、メールの使用感をすっかり変えてしまうくらいの攻め方をしてもいいはずです。そして、それこそこれまで多くの企業家たちが不可能だと決めつけてきたことなのです。

──Superhumanは、メールのあり方をどう変えようとしているのですか?

メール作業の迅速化を目標に、ごくベーシックなところから始めるつもりです。Superhumanの創業に際してわれわれが目指したのは、従来の倍のスピードで受信トレイを確認できるようにすることでした。いまでは、それも可能になっています。顧客の多くが、受信トレイに何も残っていない「インボックスゼロ」の状態を数年ぶりに経験しています。これはかなり画期的な出来事です。

──月額30ドル(約3,160円)の利用料に見合うメリットがあると思ってもらえるでしょうか?

いまは企業がツールの提供者に積極的に意見し、かかわっていく「企業のプロシューマー(生産消費者)化」という大きなトレンドがあります。5年前なら、メール管理ツールに月額30ドルを払うなんてどうかしていると思われたでしょう。しかし、いまではこうしたことが現実に起き、猛烈なスピードで広まっているのです。

今後10年のうちに、こうしたツールが途方もなく大きな力となり、生産性向上のためのソフトウェアの本質を変えていきます。グーグルやマイクロソフトが提供する無料あるいはただ同然のツールを使うのもいいでしょう。しかし、「Airtable」や「Notion」「Figma」といった有料サーヴィスを利用することもできます。もちろんSuperhumanという選択肢もあります。

いまや多くの企業が、可能な限り最高のツールを購入しようとしています。ソフトウェアが真の競争力につながるということに気づいたからです。

※『WIRED』によるメールの関連記事はこちら。