コートジボワール戦でフル出場した遠藤。無失点に大きく貢献した。写真:龍フェルケル

写真拡大

[国際親善試合]日本 1-0 コートジボワール/10月14日/スタディオン・ハルヘンワールト(オランダ/ユトレヒト)

 日本代表がオランダ遠征で得た収穫は、2試合連続で無失点に抑えた堅い守備だろう。とりわけ、2戦目のコートジボワール戦は前線からのプレッシャーがより機能していた印象で、ボランチでフル出場した遠藤航も手応えを語っていた。

「立ち上がりから上手くプレッシャーをかけられた。あんまり下がり過ぎないことを意識していて、僕と(柴崎)岳くんの2ボランチもできるだけ前で(相手の)ボランチのところを押し込めるようにした。さらに、(鈴木)武蔵と、(伊東)純也、タケ(久保建英)のところでも、あんまり下がり過ぎずに、相手の3バックに対して前でプレスをかけられるようにしていた。

 僕の良さは人に強く行けるところ。多少、距離があってもしっかりアプローチかけて、そこの運動量を多くして、全体をカバーしていくプレーは常に意識している。今日も相手のボランチに対して距離があっても、しっかりアプローチをかけて、バックパスを出させた。そこに武蔵などが連動してプレッシャーをかけさせるようなプレーも意識していた」

 コートジボワール戦では「前」への意識を強めてプレスをかけたが、同じプレッシャーでもコースの切り方について、臨機応変に使い分けられていたと遠藤は話を続ける。

「基本的には中を締めながら、外に出させるということを意識した。ただ、サイドを変えられてしまった時には、今度は外側から相手に対してタケや純也がプレスをかけに行く形をとった。そうすると、相手のウイングバックもプレーできなくなって、バックパスをして、そこに対しても武蔵がもう一回プレッシャーをかけるということを意識していた。声をかけながら、中を切りながら行くところと、外を切りながら行くところの判断ができていた」
 
 ただ、遠藤は「全部が全部前からプレッシャーをかけてハメられるわけではない」と“臨機応変”の重要性も理解している。その点、後半は柔軟な対応力を見せられた述べた。

「後半はポジティブに言えば、しっかり我慢して守れた。やっぱり全部が全部前からプレッシャーをかけてハメられるわけではないので、ブロックを敷きながら入ってきたところで強くいくのは、上手くやれていたかな」

 コートジボワールのシステムチェンジに戸惑った時間もあって、遠藤も「相手が形を変えてハマらない時間帯もありましたけど」と課題を認めるが、アフリカの強国を相手に結果的には無失点。遠藤も語った守備の充実は、日本代表にとって確かな手応えとなったはずだ。

構成●サッカーダイジェスト編集部