ビックカメラ、「増配」を発表して、配当+株主優待の 合計利回り3.7%に! 年間配当は15年で3倍に増加、 2021年8月期は前期比2円増の「1株あたり15円」に!

写真拡大

 ビックカメラは、2021年8月期の配当を前期比で「増配」とする予想を、2020年10月9日の15時に発表した。これにより、ビックカメラの配当利回り(予想)は1.25%となった。

 ビックカメラが発表した2020年8月期の決算短信によると、2021年8月期の予想配当は中間配当(2月)が「5円」、期末配当(8月)が「10円」、合計の年間配当額は「1株あたり15円」となっている。

 ビックカメラの2020年8月期の配当は「1株あたり13円」だったので、前期比で「2円」の増配となる。今回の増配発表によって、ビックカメラの配当利回り(予想)は1.25%となった。
【※関連記事はこちら!】
⇒「高配当株」と「増配株」では、どちらに投資すべきか?「増配」は業績やビジネスモデルの“裏付け”があるが、「高配当」は株価や配当額に左右される不安定なもの!

 ビックカメラは今回、配当予想とともに業績予想も発表しており、2021年8月期は前期比で「増収増益」の予想となっている。ビックカメラは利益配分の基本方針を「業績に応じた適正な利益配当の実施」としていることから、2021年8月期の業績予想を受けて「増配」が決まった形だ。

ビックカメラの過去16期の配当の推移は?

■ビックカメラ(3048)の過去16期の配当の推移
年間配当額 年間配当額
2006/85円2014/810円
2007/87.5円2015/810円
2008/810円2016/812円
2009/810円2017/812円
2010/810円2018/820円
2011/810円2019/820円
2012/810円2020/813円
2013/810円2021/815円
(予想)

 ビックカメラは2006年8月に上場して以来、配当を維持もしくは増配する「非減配」を継続していたが、2020年8月期は上場して初めて「減配」したため、連続「非減配」は途切れてしまった。しかし、2021年8月期の配当予想は「1株あたり15円」で「増配」の見通しとなっている。
【※関連記事はこちら!】
⇒配当が減らない“隠れ増配株”ランキング上位20銘柄を紹介! 減配をせずに、配当を維持・増配し続けている「非減配」期間が長い優良な安定配当株ランキング!

 また、ビックカメラの配当額の伸び具合も確認しておこう。初配当が実施された2006年8月期から2021年8月期までの15年間で、ビックカメラの年間配当額は「1株あたり5円」から「1株あたり15円」まで、ちょうど3倍に増加している。2021年8月期以降、再び増配傾向に戻れるのか注目だ。
【※関連記事はこちら!】
⇒「配当利回りが高い株」に投資するより重要なのは、「増配傾向にある株」を選んで投資をし続けること! 実現間近の「配当でモトを取る」途中経過も大公開!

 参考として、ビックカメラの株価も確認しておこう。ビックカメラの株価は、東証1部に上場した2008年6月の終値625円から本日(2020年10月9日)の終値1200円まで、1.9倍に上昇している。なお、ビックカメラは2006年8月に東証JASDAQに上場し、2008年6月には東証1部へ市場変更している。

■ビックカメラ(3048)の株価チャート/月足・東証1部上場〜本日(2020年10月9日)

ビックカメラの配当利回り、配当+株主優待利回りは?

 ビックカメラの2020年10月9日時点の株価(終値)は1200円なので、配当利回り(予想)は以下のようになる。

【※ビックカメラの配当利回り】
株価:1200円
年間配当額:中間5円+期末10円=15円
配当利回り:15円÷1200円×100=1.25%

 ビックカメラの配当利回りは1.25%。2020年9月の東証1部の平均利回りは2.03%(配当実施企業のみ)なので、ビックカメラの配当利回りは「やや低め」と言える。
【※関連記事はこちら!】
⇒「配当利回りランキング」高配当ベスト50銘柄を公開!【2020年最新版】会社予想の配当利回りランキングと一緒に、株主優待の有無や連続増配期間もチェック!

 また、ビックカメラは保有株式数と継続保有期間に応じて、「ビックカメラ」や「ソフマップ」などで利用できる「お買物優待券」が年2回もらえる株主優待を実施している。

■ビックカメラの株主優待制度の詳細
保有株式数 基準日 継続保有期間 保有株式数に応じた株主優待内容
100株以上 2月末 お買物優待券2000円分
8月末 お買物優待券1000円分
500株以上 2月末 お買物優待券3000円分
8月末 お買物優待券2000円分
1000株以上 2月末 お買物優待券5000円分
8月末 お買物優待券5000円分
1万株以上 2月末 お買物優待券2万5000円分
8月末 お買物優待券2万5000円分
保有株式数 基準日 継続保有期間 継続保有期間に応じた株主優待内容
100株以上 8月末 1年以上〜2年未満 お買物優待券1000円分
2年以上 お買物優待券2000円分

 ビックカメラの2020年10月9日時点の株価(終値)は1200円、配当利回りは1.25%なので「配当+株主優待利回り」を計算すると、以下のようになる。

【※ビックカメラの配当+株主優待利回り(100株保有時)】
投資金額:100株×1200円=12万円
優待品(お買物優待券):2000円分+1000円分=3000円分
株主優待利回り:3000円÷12万円×100=2.50%
配当+株主優待利回り:1.25%+2.50%=3.75%

【※ビックカメラの配当+株主優待利回り(500株保有時)】
投資金額:500株×1200円=60万円
優待品(お買物優待券):3000円分+2000円分=5000円分
株主優待利回り:5000円÷60万円×100=0.83%
配当+株主優待利回り:1.25%+0.83%=2.08%

【※ビックカメラの配当+株主優待利回り(1000株保有時)】
投資金額:1000株×1200円=120万円
優待品(お買物優待券):5000円分+5000円分=1万円分
株主優待利回り:1万円分÷120万円×100=0.83%
配当+株主優待利回り:1.25%+0.83%=2.08%

【※ビックカメラの配当+株主優待利回り(1万株保有時)】
投資金額:1万株×1200円=1200万円
優待品(お買物優待券):2万5000円分+2万5000円分=5万円分
株主優待利回り:5万円÷1200万円×100=0.41%
配当+株主優待利回り:1.25%+0.41%=1.66%

 また、100株保有時で継続保有期間が長い場合の「配当+株主優待利回り」は以下のようになる。

【※ビックカメラの配当+株主優待利回り(100株・1年以上2年未満保有時)】
投資金額:100株×1200円=12万円
優待品(お買物優待券):2000円分+1000円分+1000円分=4000円分
株主優待利回り:4000円÷12万円×100=3.33%
配当+株主優待利回り:1.25%+3.33%=4.58%

【※ビックカメラの配当+株主優待利回り(100株・2年以上保有時)】
投資金額:100株×1200円=12万円
優待品(お買物優待券):2000円分+1000円分+2000円分=5000円分
株主優待利回り:5000円÷12万円×100=4.16%
配当+株主優待利回り:1.25%+4.16%=5.41%

 ビックカメラの「配当+株主優待利回り」は100株・1年未満保有時で3.75%、さらに継続保有期間が1年以上〜2年未満であれば4.58%、継続保有期間が2年以上であれば5.41%となる。株主優待の「お買物優待券」はインターネット通販サイトでも利用できるので、近隣に店舗がない場合でも安心だ。
【※関連記事はこちら!】
⇒【2020年10月】QUOカード優待利回りランキング! 配当+優待利回り3.1%の学情、2.8%の萩原工業など、10月確定の「QUOカード優待」の利回り&内容を紹介!

 ビックカメラは、大手の家電量販店。関東を中心に全国40店以上のビックカメラ直営店があるほか、子会社に「ノジマ」や「ソフマップ」などを傘下に持つ。2021年8月期(通期)の連結業績予想は、売上高5.7%増、営業利益24.3%増、経常利益15.7%増、当期純利益44.9%増と好調(すべて前期比)。
【※関連記事はこちら!】
⇒「ビックカメラSuicaカード」をクレジットカード専門家がおすすめする理由とは? 還元率1.0%超、年1回利用で年会費無料、Suica搭載など、そのメリットを解説!

ビックカメラ
業種コード市場年間配当額(予想)
小売業3048東証1部15円
株価(終値)単元株数最低投資金額配当利回り(予想)
1200円100株12万円1.25%
【※ビックカメラの最新の株価・配当利回りはこちら!】
※株価などのデータは2020年10月9日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。