畑岡奈紗は悲願のメジャー制覇に挑む(撮影:GettyImages)

写真拡大

<KPMG全米女子プロゴルフ選手権 事前情報◇7日◇アロニミンクGC(ペンシルベニア州)◇6577ヤード・パー70>
女子世界ランキング5位で日本勢トップ。ここまで米国女子ツアー3勝。まぎれもなく優勝候補のひとりに挙げられる畑岡奈紗が、メジャー制覇に向けての現在地を口にした。
日本ナンバー1 畑岡奈紗のドライバースイング【連続写真】
「徐々に近づいてきているかなと思う」。2年前の本大会ではプレーオフに進み2位タイ。先月の「ANAインスピレーション」でもトップ10。そして、先週の「ショップライトLPGAクラシック」では本調子とは遠い状態から4位。確実にそのときは近づいてきているのを感じている。
昨年はメジャー大会を意識し過ぎたこともあり、3大会で予選落ちを喫した。そんなにがい経験もあって、今季は大一番を前にしても落ち着きを失っていない。「毎週スイングも感覚も違うし、毎試合が挑戦なので、あまり結果にとらわれずに自分のプレーをするのが大事かなと思っている」。前のめりになりすぎず、チャンスが来るのを待つ構えだ。
今季は開幕戦から2戦連続で2位。その後はコロナ禍の影響で5カ月半の中断。「今年1年を通しては、ANAくらいが一番調子がよくて、それよりはちょっと自分の感覚としては落ちてしまっている」と、不安材料もあるのは確か。「これまではパッティングでしたが、いまはショット」と、先週の後半からブレ始めたドライバーがカギを握ると見ている。
そんな中でも、表情は決して暗くない。「本当に紙一重ですね。もう少しどこかに気付けたり、感覚が戻ってくればリズムよく回れるかなと思います」と、あと少しのところまで来ている実感はある。今週は距離も長く、今季伸びている飛距離を大きな武器にしたいところだが、いまのところ焦りはない。
「コースが静かなのはやっぱり寂しいんですけど、集中はできていると思います」と無観客試合の中でも、モチベーションをうまくコントロール。あとは初日を安全に滑り出し、波に乗りたいところ。樋口久子、渋野日向子に次ぐ日本人女子3人目のメジャー制覇へ。日本のエースは、きっと好結果を導き出すはずだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【女子世界ランキング】
■畑岡、渋野らが挑む舞台、アロニミンクGCってどんなコース?
■畑岡奈紗は「今週がメジャーじゃなくてよかった」 明確な課題とともに大舞台へ
■スタンレーレディス 初日の組み合わせ