ゾンビ映画監督が「きかんしゃトーマス」でメガホン

写真拡大

幼児向けテレビ番組「きかんしゃトーマス」の映画化が、ゾンビ映画「ワールド・ウォーZ」のマーク・フォースター監督によって進められているという。

製作を務めるマテル・フィルムズと2Duxによると、実写とアニメを混ぜたファミリー向け映画となるそうで、アリッサ・ヒルとケヴィン・マッキーオンが脚本を執筆中だと伝えられている。

自らも幼い頃同番組の大ファンだったというフォースター監督は、今回プロデューサーも兼任。「『きかんしゃトーマス』は子供の頃からお気に入りの番組でした」と語り、今回の企画に参加できることを喜んでいるようだ。

一方、マテル・フィルムズのロビー・ブレナー氏も「トーマスは友情の大切さという、世界中の子供とその親御さんたちが共感できるテーマに焦点を当てた世界的に愛されているシリーズです」「マークは素晴らしいストーリーテラーですので、トーマスの物語を現代的かつ思いがけない方法で伝えるために、彼と共同作業が出来ることを楽しみにしています」と期待を寄せている。

1945年にウィルバート・オードリー牧師が息子のために生み出したトーマスの物語は、テレビ番組だけでなく、おもちゃやアプリなど幅広く商品化されている。また、マテル社は、バービーやホットウィールなど、おもちゃをテーマにした映画化作も製作中だ。