ターボエンジンの加速に似ていることから電動ターボと称された

 ハイブリッドシステムや、F1のKERS(キネティック・エナジー・リカバリー・システム、2009〜2013年)またはMGU-K(モーター・ジェネレーター・ユニット-キネティック)などで、モーター駆動により加速力が増幅される様を「電気ターボ」「電動ターボ」などと言われることがある。ちなみにキネティックとは、運動という意味だ。

 排ガスを動力とするターボチャージャーを備えたエンジンでは、過給によって加速力が増幅されると、がぜん勢いが増し、自然吸気エンジンでの加速とは違った体験ができる。モーターの力が加わり、加速力が増幅される様子も、ターボエンジンでの加速に似ているので「電気ターボ」や「電動ターボ」と表現されたのだろう。

 ただ、厳密に言葉の意味を確認するならば、ターボチャージャーのターボとは、タービンのことだ。羽を回して動力を得る装置である。ジェットエンジンも、タービンの一つだ。

 チャージャーとは、直訳すれば充電器となる。チャージという単語には、充填の意味があるので、何かを詰め込むためのもの(装置)と解釈できる。

 したがってターボチャージャーは、タービンを使って詰め込む装置だ。何を詰め込むかというと、エンジンの場合は吸気(空気や混合気)である。また、羽を使って動力を得るためのエネルギーを排気に頼る。

 ターボという言葉は装置の機構をいっているのであり、ターボチャージャーを装備することで得られる加速力の増大の様子は、ブーストと表現されるべきかもしれない。ブーストとは、押し上げるという意味で、ロケットのブースターは補助推進装置を意味する。そこで、エンジンにモーターの補助を加えることで、加速力が増大する様子は、「電気ブースト」とか「電動ブースト」といった方が的確だろう。

モーターを動力に使う場合もスーパーチャージャーと呼ぶ

 ところで、エンジンの排気を使わず、機械の動力で空気を詰め込む装置を、スーパーチャージャーという。スーパーとは、飛び切りのという意味で、より詰め込むことができる装置というわけだ。エンジン車では、エンジン回転を動力にして作動する。

 エンジンに替えて、モーターを動力に使う場合もスーパーチャージャーの言い方でよいだろう。エンジンを使う場合と区別するなら、電動スーパーチャージャーが適している。つまり、電気を使うモーターを動力に、機械式に吸気を詰め込む装置というわけだ。

 たとえば、メルセデス・ベンツの新しい直列6気筒エンジンは、モーターを動力としたスーパーチャージャーを装備することにより、エンジンから動力を得るためのベルト駆動機構を廃し、6気筒でも全長が短くなる作りにしている。

 言葉と、その意味を正しく使うことが、物事を理解するうえで重要だ。したがって、電動ターボや電気ターボというより、電気ブーストや電動ブーストを広めたい。だが、一方で、言葉の難しさは、表現の正しさにこだわるあまり意味が通じにくくなる場合もあることだ。ターボに比べ、ブーストということばは、一般的になじみが薄いかもしれない。

 専門家が語るときは、はじめて述べる際に注意が必要であり、また正しい表現を粘り強く使い続けることが、言葉の表現と意味を結び付ける力になる。あいまいに言葉を使っていると、別の意味に解釈されるなどの弊害も出る。媒体や著者の使命は、本文のみならず、表題などにおいても、そうしたことを意識して表現するところにもあるといえる。