エディ・ヴァン・ヘイレンさん(2013年9月17日撮影)。(c)Jamie McCarthy / GETTY IMAGES NORTH AMERICA / AFP

写真拡大

【AFP=時事】(更新)ハードロック界を代表する米バンド、ヴァン・ヘイレン(Van Halen)を率いたギタリストのエディ・ヴァン・ヘイレン(Eddie Van Halen)さんが6日、がんの闘病の末、死去した。65歳。息子のウルフ(Wolf Van Halen)さんが発表した。

 ウルフさんはツイッター(Twitter)への投稿で父エディさんの訃報を発表。「最高の父親だった。オンステージ、オフステージで一緒に過ごした全ての時間が贈り物だった」と追悼し、「この死から完全に立ち直れるとは思えない。本当に大好きだよ、パパ」とつづった。

 オランダで生まれ、米カリフォルニア州で育ったヴァン・ヘイレンさんは1970年代、兄アレックス(Alex Van Halen)さんと共にヴァン・ヘイレンを結成。瞬く間に人気を集めた。代表曲には「悪魔のハイウェイ(Runnin' with the Devil)」、ギターソロ曲の「暗闇の爆撃(Eruption)」などがある。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
伝説的米ロックバンドのヴァン・ヘイレン 再結成ツアーを発表(2007年)
ロックは生き残れるか? 高齢化するレジェンドたち
【写真特集】2020年に亡くなった海外の著名人