架空の外注費計上で法人税など計約5900万円を免れたとして、法人税法違反などの罪に問われた東京のインターネット広告業「AeGate(エーゲート)」社長高岡賢太郎被告(49)に東京地裁は5日、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)の判決を言い渡した。

 同社はインターネット掲示板「爆サイ.com」を運営し、高岡被告は女優高岡早紀さんの兄。島尻大志裁判官は「納税額を抑えて事業資金を確保するための犯行で責任は軽視できないが、反省し、会社も再発防止策を取っている」と述べた。