Net Applicationsから2020年9月のタブレットOSのシェアが発表された。2020年9月はiPadOSがシェアを増やし、AndroidとiOSがシェアを減らした。iPadのオペレーティングシステムはiOSからiPadOSへのアップグレードが進んでいることがわかる。2020年8月におけるiPadOSとiOSのシェアの合算値は60.81%、2020年9月におけるiPadOSとiOSのシェアの合算値は66.14だった。シェアはiOSからiPadOSへ移行しつつ、合計もシェアの増加が起こっている。

AndroidではAndroid 4.4が高いシェアを持っている。しかし、Android 4.4はこのところ下落傾向を続けており、この下落がAndroidのシェア減少につながっているものと見られる。タブレットデバイスではiPadが強い影響力を持ちつつある。

2020年9月タブレットOSシェア/円グラフ - Net Applications

2020年9月タブレットOSバージョン別シェア/円グラフ - Net Applications

2020年9月タブレットOSシェア/棒グラフ - Net Applications

2020年9月タブレットOSバージョン別シェア/棒グラフ - Net Applications