Net Applicationsから2020年9月のモバイルブラウザのシェアが発表された。2020年9月はChromeがシェアを増やし、Safari、Samsung Browser、QQがシェアを減らした。2020年9月はAndroidがシェアを増やした一方、iOSがシェアを減らしている。オペレーティングシステムのシェア動向に応じて、Chromeの増加とSafariの減少が起こったものと見られる。

AppleはiOS 14にデフォルトブラウザを変更する設定を追加した。この設定によってデフォルトブラウザをSafariからChromeに変更するユーザーが出る可能性があり、今後のシェア動向がどのようになっていくかが注目される。

2020年9月モバイルブラウザシェア/円グラフ - Net Applications

2020年9月モバイルブラウザシェア/棒グラフ - Net Applications