神奈川県の東名高速道路で2017年6月、あおり運転を受けた夫婦が死亡した事故で、インターネット上にデマ情報を投稿したとして、検察官役の指定弁護士が2日、名誉毀損罪で、福岡県春日市の無職男性(65)を在宅のまま強制起訴した。小倉検察審査会が2回、起訴すべきだと議決していた。

 事故を巡るデマ投稿では、既に福岡地検小倉支部が同罪で、埼玉県の男性を在宅起訴。10月29日に福岡地裁小倉支部で初公判が開かれ、今回強制起訴された男性とは別に審理される。ほか5人が、罰金30万円の略式命令を受けている。

 起訴状によると、強制起訴された男性は橋口富男被告。