金曜の「グッとラック!」はエンタメ情報がメインで、けさ2日(2020年10月)のトップニュースは、もちろん石原さとみの結婚だ。司会の国山ハセンが驚いたのは、「お相手は普通のサラリーマンだそうです」ということだった。メインコメンテーターの田村淳は「石原さとみがねえ、ああっていう感じ。なにか虚無感に襲われますね」という。

人気トップの石原をかっさらったのは、芸能関係者でも、大金持ちの実業家でも、スポーツ選手でもなく、一般会社員だったので拍子抜けしてしまったということなのだろうか。では、石原はどこに惹かれたのだろう。所属事務所が「ご報告」にこう書いている。

「テレワークを隣で見ていた時のこと。後輩への教え方がものすごく丁寧で、歴史上の人物や経営者などの言葉を交えながら、相手が楽しく仕事ができるよう指導している様子が新鮮に映ったそうです」

「テレワークで女子が惚れるポイントってどこ?」

どうやら、相手の会社員は新型コロナウイルス対策かなにかで自宅勤務となり、石原はそれを横で見ていてグラリときたらしい。コメンテーターの上地雄輔(タレント)が、「テレワークで女子が惚れるポイントって、どういうところなんですかね」と当然の疑問を持った。

ここで、アン ミカがのろけた。「私も、夫が家でテレワークしていて、ホレ直しました。働いている生の姿を見たことなかったじゃないですか。見ていたら、うわっ、器大きいなあとか、キュンと来るんです」

キャスターの立川志らく「私なんかは、家では、弟子にグツグツとうつむいて言っているだけだからねえ。でも、石原ひとみが横にいたら、まあ違うかあ」

テレワークのサラリーマンの横に、なぜ石原さとみがいるようになったのか、そのいきさつを知りたい。