GNオーディオジャパンは、デンマークJabra社の完全ワイヤレスイヤホン「Elite」シリーズに、アクティブノイズキャンセリング(ANC)機能を搭載した最上位モデル「Elite 85t」を11月12日に発売することを発表しました。

12mmドライバーを搭載し、豊かで迫力のある低音を生み出すと同時に、セミオープンの構造で耳への圧力の緩和を実現。IPX4の防水に対応します。ボタン操作方法をカスタマイズできるMyControls、ユーザーの聴覚特性に合わせたサウンドに自動調整するMySound機能に対応。対応コーデックはSBC、AAC。Alexa、Siri、Googleアシスタントの音声アシスタントに対応します。

片耳3個、計6個のマイクを搭載し、左右2個ずつのマイクでANC機能を提供する“Jabra アドバンスト ANC”を搭載。外側のマイクが外部からのノイズ、内側のマイクが除去されなかったノイズと体内から発生するノイズを除去します。

外音を取り込むHearThrough(ヒアスルー)機能を搭載。専用アプリからANCのレベルとヒアスルーのレベルをそれぞれ調整可能。セミオープンデザインにより、ヒアスルー時に外音がより自然に聞こえることが特徴です。

ANC使用時には最長5.5時間、充電ケースを併用して最長25時間の使用が可能。ANCオフ時には最長7時間、充電ケース併用で最長31時間の使用が可能になります。Qi対応のワイヤレス充電に対応。

先行予約を開始しており、11月12日の発売を予定。希望小売価格は2万6800円(税別)です。

従来モデルの「Elite 75t」「Elite Active 75t」は、10月中旬に実施するファームウェアの無償アップデートにより、ANC機能が追加されることが発表されました。既存ユーザーは専用アプリからファームウェアアップデートを実施すれば、ANC機能が利用可能になります。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』