座間9人殺害事件の被告が初公判 「働かずに金が手に入れられる」と主張

ざっくり言うと

  • 座間9人殺害事件の初公判で、被告は欲望のため殺害を続けたと検察側は主張
  • 被告は自殺願望者を狙い、最初の被害女性に同居を持ち掛けてアパートを契約
  • 女性を殺害後、「この方法なら働かずに金を手に入れられる」と考えたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x