昨年の最優秀4歳以上牡馬ウインブライト(牡6=畠山)が30日、美浦トレセンに帰厩した。中止となったドバイ遠征から帰国後、宝塚記念を目指していたが、左前脚に蟻洞(ぎどう=蹄の内部にアリの巣状の空洞ができる疾患)を発症し、休養していた。

 復帰戦となる天皇賞・秋(11月1日、東京)の鞍上は、左大腿骨骨折で戦列を離れている松岡を予定している。