坂路単走で仕上げられたクリノガウディー

写真拡大

 “幻のG1馬”クリノガウディーは、テンションを上げないように坂路単走馬なりで4F55秒3〜1F12秒1。藤沢則師は「輸送もあるので、これで十分。目立った時計ではなかったけど、状態は維持しています」と伝えた。

 春の高松宮記念は1位入線も、進路妨害で4着降着。それでも先頭で入線した事実は評価できる。「瞬発力なら他の馬にも負けないし、勝つ能力はあると思っています。結果を出したい」と力を込めた。