スーツケースを引く人(2007年11月13日撮影、資料写真)。(c)VALERY HACHE / AFP

写真拡大

【AFP=時事】フランス首都パリにあるアパートの鍵のかかった地下室に置かれていたスーツケースの中から、50万ユーロ(約6200万円)超に相当する現金が発見された。警察が捜査に乗り出している。

 このアパートは、母親から最近相続したという所有者の女性が売りに出していた。

 捜査に近い筋がAFPに対し、50、100、500ユーロ紙幣で計50万〜60万ユーロ(約6200万〜7400万円)が見つかったと明かした。

 地元紙によると、50代の所有者の女性は今年、パリ郊外の高級住宅地にあるこのアパートを母親から受け継いだという。

 人口密度が高いパリでは、概して手狭なアパートのスペース不足を補うため、同じ建物内に地下室が備えられていることが多い。

 所有者がアパートの査定のために不動産業者を訪れ、業者が地下室を見に行ったところ、鍵がかかっていることに気付いた。

 この地下室を引き継いだ人物が特定できなかったことから、女性は専門業者に開錠を依頼。その後再び地下室を訪れた不動産業者が、現金の詰まったスーツケースを見つけたという。

 警察への通報を受けて、パリ検察当局が捜査を開始。事件は現在、金融犯罪の専門班が担当している。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
馬を生きたまま切断、体の一部が消える… 仏で謎の事件相次ぐ
【画像】「ATM強盗犯」はネズミ、200万円近い紙幣かじられボロボロに
浜辺に続々漂着する「猫のガーフィールド」の電話機、謎の一部解明 フランス