楽天モバイルが5Gサービスを提供開始!各種キャンペーンも継続

楽天モバイルは30日、オンラインにて「5Gサービス発表会」を開催し、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )において新たに「5G(第5世代移動通信システム)」サービスを2020年9月30日(水)より提供すると発表しています。

これに伴って既存の月額料金2,980円(税抜)の4G向け料金プラン「Rakuten UN-LIMIT 2.0」をアップグレードし、追加料金なく5Gサービスを利用できる新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT V(ラクテン アンリミット ファイブ)」を提供し、9月30日15:30より新規申込受付を開始しており、Rakuten UN-LIMIT 2.0と合わせて300万人までは1年間無料で利用できます。なお、合わせてRakuten UN-LIMIT 2.0の新規申込は終了しています。

また現在、Rakuten UN-LIMIT 2.0を契約している場合も10月12日(月)から11月30日(月)までの間に順次、Rakuten UN-LIMIT Vに自動アップグレードされて同様に月額料金そのままで5Gサービスを利用可能なか、すぐに5Gを利用したい場合にはWebサポート「my 楽天モバイル」にて9月30日より手続きすることでRakuten UN-LIMIT Vに切り替えることが可能となっています。

5G対応エリアはサービス開始当初が東京都および神奈川県、埼玉県、北海道、大阪府、兵庫県の一部地域となっており、2021年3月には全都道府県で5Gサービスを開始予定のほか、2021年第2四半期(4〜6月)に5G NR方式におけるSA(スタンドアローン)方式でのサービスを開始予定だということです。

またJリーグのヴィッセル神戸のホームスタジアムである「ノエビアスタジアム神戸」では5Gで28GHz帯(n257)の高周波数帯による超高速通信が可能な「ミリ波(mmWave)」でスタジアム主要観客席を今秋にカバーする予定で、5Gを活かした映像体験などを楽しめるようになるとのこと。

なお、サービス開始当初の対応機種はすでに販売している5G対応スマートフォン(スマホ)「AQUOS R5G SH-RM14」に対して9月30日より5Gに対応するソフトウェア更新を提供して対応するほか、9月30日より発売した新しい5G対応スマホ「Rakuten BIG」の2機種となっており、AQUOS R5G SH-RM14はSub6のみ、Rakuten BIGはSub6およびミリ波に対応します。



楽天モバイルは世界初となるエンドツーエンドの完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワークを構築し、2020年4月より自社回線を構築してMNOとして携帯電話サービスを本格的に提供しています。

特にモバイルネットワークの構築における設備投資や運用コストを大幅に削減し、月額2,980円(税抜)で、4G(第4世代移動通信システム)サービスのRakuten UN-LIMIT 2.0を提供してきましたが、同様に4G・5Gサービスが利用可能な料金プランとしてRakuten UN-LIMIT Vを実現しました。



Rakuten UN-LIMITは複雑な条件がなく、シンプルで分かりやすく、国内外問わず自由に、誰でも使いやすい料金プランをコンセプトとしており、2020年4月より提供している月額料金2,980円で全国どこでもデータ・通話が無制限で利用できるRakuten UN-LIMIT 2.0を4Gに加えて5Gも利用できるRakuten UN-LIMIT Vにアップグレードしました。

これにより、これまで通りに楽天モバイルの特長である分かりやすく選びやすいワンプランとして提供していき、Rakuten UN-LIMIT Vも2020年3月より実施している新規契約申込300万人を対象にしたプラン料金1年間無料キャンペーンの対象とするほか、これまで実施してきた最大26,300ポイントをプレゼントする「お申し込みキャンペーン」や「オンラインお申し込みキャンペーン」、「対象製品購入でポイント還元キャンペーン」も対象となります。


また今回のRakuten UN-LIMIT Vの提供開始に伴い、新製品として5G対応オリジナルスマホのRakuten BIGを発売し、2020年6月より販売しているAQUOS R5G SH-RM14についても9月30日15:30以降順次配信するソフトウェア更新によって楽天モバイルが提供する5Gサービスを利用できるようになります。

楽天モバイルにおける5Gによる最大通信速度はサービス開始時点では下り約870Mbpsおよび上り約110Mbpsで、2020年11月中にSub6にて下り約2.13Gbpsおよび上り約183Mbps、ミリ波にて下り約2.8Gbpsおよび上り約275Mbpsに向上する予定。なお、AQUOS R5G SH-RM14はSub6のみなので下り約2.13Gbpsおよび上り約183Mbps、Rakuten BIGはミリ波にも対応するので約2.8Gbpsおよび上り約275Mbpsに対応します。




5G対応エリアはサービス開始当初が東京都および神奈川県、埼玉県、北海道、大阪府、兵庫県の一部地域となっており、詳細は「5Gサービスエリア | 通信・エリア | 楽天モバイル」にておおよその住所が確認できるようになっています。その後、2021年3月には全都道府県で5Gサービスを開始予定。また当初は5G NR方式におけるNSA(ノンスタンドアローン)方式で提供され、2021年第2四半期にSA方式が導入される予定とのこと。





記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・楽天モバイル、月額料金そのままで5Gも利用できる新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT V」を発表 | 楽天株式会社
・Rakuten UN-LIMIT プランアップグレードのお知らせ | 料金・サービスのお知らせ | 楽天モバイル
・楽天モバイル5Gプラン発表LIVE 配信 | 楽天モバイル