“給付金”も“医療支援”もあった江戸時代 令和のコロナ対策は遅れている!? から続く

 大正時代には、当時10代の皇太子(のちの昭和天皇)や、弟の秩父宮、そして首相の原敬もスペイン風邪に罹患していた。『感染症の日本史』(著者:磯田道史、文春新書)より、今日のビジネスパーソンのような働きぶりの原敬の症例を補助線に、当時の政党政治を読み解く。(全2回の2回目。#1を読む)


©iStock.com

新型ウイルスは後遺症が怖い

 患者史の立場から注目しなくてはならないのは、スペイン風邪が「治った」後の原の病状です。日記(※注 原敬が書き残した『原敬日記』)にあるように、原はわずか2、3日で平熱に下がり、再び首相としての仕事をこなし始めます。恐るべき体力だと思いますが、第2波のなかでも早期罹患したことで、第3波のように強毒化してさらに致死率が高まったウイルスには感染しなくて済んだ可能性もあります。

 ところが、ここから先はあまり論じられていないことですが、『原敬日記』を読むと、熱が下がってからも、原はずっと体の不調を訴え続けるのです。

 たとえば11月9日、職務復帰から10日ほど経っても、〈過日来の風邪全快せざれば休暇を利用して腰越別荘に赴きたり〉とあります。さらに12月になっても〈4日 風邪引籠中なりしが、東京各組合団体の連合会より招待せられ、かねての約束につき、押して出席して一場の演説をなしたり〉、〈5日 風邪のため終日引籠療養せり〉といった記述が続きます。12月15日になっても〈風邪全快せず。かつ日曜日なるをもって腰越別荘に留る〉。とにかくずっと調子が悪いようです。

 さらには年を越して、大正8(1919)年の3月から4月にかけても、長く風邪の症状に苦しめられます。

〈〔3月〕1日(略)午後4時55分発にて腰越別荘に赴く。風邪全く快方ならざるに因る〉

〈15日 午後5時50分発にて腰越別荘に赴く。風邪全快せず〉

〈22日(略)明日は日曜日にて而して風邪も全快せざるに因り、午前、腰越別荘に赴きたり。少々発熱し、ことに咽喉甚だ悪し〉

〈〔4月〕2日(略)午後4時発にて腰越別荘に往く。風邪全く恢復せざるに因り、明日の神武天皇祭に不参して、静養に赴きたるなり〉

 こうしてみてみると、スペイン風邪のような感染症の場合、熱自体は数日や1週間ぐらいで下がったとしても、体へのダメージが相当に大きいケースがあるとわかります。つまり、後遺症です。原敬の場合も、体内で炎症が強く起きていたために、その後、数カ月にわたって、不調が続いていたと考えられます。これは、後に詳しくみていく秩父宮や永井荷風にもいえることですが、一度治っても、身体に後遺症が残り、ダメージを残していると思われるケースが少なくないのです。新型ウイルスにかかった場合、熱が下がったり、ウイルスが体内からいなくなっても、完全に「治った」とは言い切れません。後遺症が怖いのです。これもスペイン風邪の患者史から学びうる教訓のひとつだと思います。

天皇の御前に出られない

 もうひとつ、原敬の罹患からみえてくるのは天皇との関係です。

 話を、原の熱も下がり、東京に戻った大正7(1918)年の10月末に戻しましょう。

 東京に戻った翌日の10月30日、業務に支障をきたす事態が起こりました。

〈米籾輸入税中止緊急勅令その他の件につき、枢密院の会議ありしも、余、流行感冒後1週間を経ざるにつき、御前に出ずる事を遠慮して出席せず〉

 インフルエンザ罹患後、1週間経っていないという理由で、天皇の出席する会議に出られなかったのです。

 第3章でも紹介したように、江戸時代には、感染症にかかったことがわかると、将軍や殿様にうつさないよう、登城を禁じられるという決まりがありました。それが、この時代にも生きていました。江戸時代にも、家臣が殿様や将軍の前に出るのを自粛することを「遠慮」といいましたが、『原敬日記』でもこの言葉が使われています。

 このスペイン風邪の際には、治癒後1週間というのが、〈御前に出ずる〉、つまり大正天皇の臨席する場に出る場合の基準だったことがわかります。

 ちなみに、ここで天皇が登場する背景には、当時の有名な事件がありました。米騒動です。

 この大正7年の7月から9月には、米の値段が暴騰し、各地で米問屋や地主、商社などが襲われる米騒動が起こりました。8月には、外米の輸入を行っていた神戸の商社、鈴木商店に対する焼き討ち事件が発生して、そのために全国中等学校優勝野球大会、いまでいう「夏の甲子園」が中止に追い込まれています。

 こうした米問題に対応するため、原の新内閣は、外国から米籾を輸入して、米価を抑えようとします。それには関税の特例措置が必要ですが、議会を開いてあれこれ法律を改正していたらとても間に合わないというので、緊急勅令でやろうとしたのです。

 勅令を出すには、枢密院での会議を経ないといけません。枢密院は、天皇の御前で開くことが規定されています。しかし、首相である原はインフルエンザのために出席を控えなくてはなりませんでした。

大正天皇と山県有朋の病状

 では、このように厳格な「接近禁止」で守られていた大正天皇は、スペイン風邪を免れられたのでしょうか。後に詳しく述べますが、皇太子(後の昭和天皇)も秩父宮雍仁親王や三笠宮崇仁親王もインフルエンザにかかった記録が残されています。しかし、大正天皇については、『大正天皇実録』にも「流行性感冒」といったはっきりとした罹患の記述は見あたりません。

 たとえば大正7(1918)年10月31日の『大正天皇実録』には、〈不予により天長節祝日の観兵式行幸並びに拝賀式を止めらる〉とあります。「不予」は天皇の体調不良を指します。翌11月1日は枢密院の会議があったのですが、『原敬日記』によると、原は相変わらず病後1週間が経っていないので出席を遠慮していると、〈出御なきにより、出席然るべし〉、天皇が出席しないので、原は出席しても構わないと枢密院にいわれています。『大正天皇実録』には、この日の天皇の動向は記されず、翌2日には、主要な皇族を集めた会議に出席したことが記されています。

『原敬日記』をみていくと、この時期、天皇が風邪を引いたという記述は登場します。大正7年12月2十六日、〈陛下御風気にて出御なく拝謁せず〉。翌27日の帝国議会の開院式にも〈陛下御風邪にて臨御なきにより、余、勅命を奉じて勅語を捧読したり〉、天皇が出席しなかったので、原首相がおことばを代読しています。

 これを『大正天皇実録』に照らしていくと、26日は記述なし、27日は〈御違和により帝国議会開院式行幸を止め、内閣総理大臣原敬をして勅語を捧読せしむ〉とあります。この体調不良は年が明けても続き、大正8(1919)年1月1日〈御違和により四方拝に出御あらせられず〉、歳旦祭も3日の元始祭も侍従、掌典長が代拝しています。しかし、これらが流行感冒だったどうかは、よくわかりません。

『原敬日記』で、大正天皇の体調不良が深刻なものだとはっきりと見て取れるのは、大正8年の1月末から避寒のため、葉山の御用邸に滞在中のことです。

 この年、1月28日に、天皇・皇后は新年の公式行事を一通り終え、東京から葉山に向かいます。例年通り、寒さを避けるためでしょうが、この年は、大流行しているスペイン風邪を避けるという意味合いもあったかもしれません。『実録』の記述によると、午前9時25分に皇居の門を出て、東京停車場からお召列車に乗り、逗子で降りて、11時30分には葉山の御用邸に到着しています。大正8年の段階で、皇居から葉山までドア・トゥ・ドアで約2時間で着いていることがわかります。おそらく当時における最速の移動だったでしょう。

山県有朋がスペイン風邪に

 しかし、例年ならば2月11日の紀元節、つまり神武天皇の即位を記念する日には、さまざまな儀式に出席するため、東京に帰っていなくてはなりません。ところが、〈紀元節なるも、御違和により葉山御用邸より還幸あらせられず〉(『大正天皇実録』)、健康の不調のために帰れませんでした。さらには、青山の憲法記念館(現・明治記念館)で行われた憲法発布30年の記念祝賀会も欠席することになります。

 この日、原は紀元節で宮中の賢所に参拝したのですが、大正天皇は〈御風気にて還幸なし〉、風邪で葉山から帰れなかった、としています。そこで原が波多野敬直宮内大臣に病状を尋ねたところ、〈陛下御風気は至って御軽症なる趣〉との答えでした。

 こうして天皇の病状が気遣われる中、この2月11日、もうひとつの重大情報が飛び込んできます。山県有朋がスペイン風邪にかかり、かなりの重体である──というのです。原が山県家に電話をすると、〈気管支炎にて肺も少々侵され、熱度9度以上にて降下の模様なしという。流行感冒らしければ、老体には危険なるべし〉とのことでした。このとき、山県は80歳。元老である山県がインフルエンザで、39度の熱が下がらないとなれば、政局をも左右する事態です。

 実際、山県重体の報がもたらされた3日後の14日、『原敬日記』は、こんな動きを記しています。

〈田中陸相、山県の見舞に往き、尚、逗子に往き平田東助に内談し、山県の死後(もし死せずとも)は西園寺を押し立つるのほかなしとの趣旨を内談すべしといえり〉

 この田中陸相とは、後に陸軍から政友会に転じ、首相となる田中義一です。田中は、小田原にいる山県を見舞った後、逗子に住んでいる山県の腹心の平田東助と話をしました。そして、自分が心配しているのは、山県が死んだら、大隈重信が宮中に取り入って実権を握ろうとすることだと述べ、西園寺公望を山県の後任として押し立てるために、平田を取り込むべきだと提案しています。さらに、平田はいろいろと策をこらすところがあるから、早く味方につけないと面倒なことになりかねない、と生々しい政治的やりとりを交わしています。

 ちなみに、『大正天皇実録』も、この山県の病には触れています。2月12日、〈元帥公爵山県有朋、小田原別邸において病めるをもって、東京帝国大学医学部教授入沢達吉を遣わし、その病状を問わしめ〉ています。入沢は東京帝大の医学部長も務め、後には大正天皇の治療に当たりました。また14日には、西園寺公望の兄で、内大臣、侍従長などを歴任した徳大寺実則のもとにも侍医を派遣しています。徳大寺もスペイン風邪に罹患していたようで、この年の6月に亡くなりました。『大正天皇実録』には山県、徳大寺とも病名などは記されていません。

葉山御用邸での根回し

 山県危篤の報をうけ、原は大きな動きを起こしました。2月15日、原は大正天皇に拝謁しようと、葉山の御用邸に向かったのです。原は大正天皇に、議会の模様、予算が無難に通過したこと、パリにおける講和会議の状況などを説明します。そして、話は山県の病状に及びました。

〈山県、病気につき、その様子を言上し、山県死後は西園寺を後任に命ぜらるるのほか、今日の国家内外の実況にては他に途なし〉と〈繰り返し言上し〉たうえで、〈決して他より陳言あるも容易に御取上なきように申し上げおきたり〉とダメ押ししています。このあたりが、政党政治の立役者、原の根回しの見事さです。他より口を挟んでくる人物として、原が警戒しているのは、もちろん大隈重信です。

 つまり、原の葉山訪問の真の目的は、山県の死という事態に備え、大正天皇に釘を刺すことだったといえます。政党内閣の総理である原は、万一の場合、非政友会の大隈の芽をつみ、政友会総裁も務めた西園寺を山県の後継者にすえようとしました。それは、原の政権維持のための不可欠な条件だったのです。このとき、西園寺が第1次世界大戦後の処理をめぐるパリ講和会議で、ヨーロッパに派遣されている最中だったことも、原たちの焦りにつながっていたでしょう。山県に何かあった場合、西園寺を呼び戻すまでの間に、大隈が策動する危険性があったわけです。

 こうして原は大正天皇との対面を終え、宮内大臣の詰所に下がってから、石原健三宮内次官に天皇の病状について聞き取りをおこないました。そこで次官は〈当地〔葉山〕へ御避寒後、いまだ御入浴もこれなく、御庭にもお出なきようの次第〉と語ります。〈別にこれという御病症にもあらざれども、何分少々御熱などのある事もあり〉、〈御脳の方に何か御病気あるにあらずや〉という次官の報告を聞いて、原は〈甚だ恐懼に堪えざる次第なり〉と記しています。大正天皇の病状を深く憂慮するとともに、風呂にも入れず庭の散歩もできない状態だった天皇に、自分たちの政権を守るために無理をさせ、わざわざ会ってもらって申し訳なかったということでしょう。

感染症が浮かび上がらせる政権の不安定さ

 この15日の原の訪問については、『大正天皇実録』には記述がありません。大正天皇が1月28日から3月28日まで葉山に滞在したことが記され、その間に天皇と面会した人物を列挙するなかの1人に挙げられているばかりです。

 こうして見てくると、『大正天皇実録』にはひとつの特徴があることがわかります。それは『明治天皇紀』や『昭和天皇実録』に比べても、健康状態や病気などに関する記述が少ないことです。後に述べるように、皇太子や秩父宮の罹患についても、ほとんど触れられていません。大正天皇が病弱であったこと、そのために存命中から、皇太子である昭和天皇を摂政に置いたことなどはよく知られていますが、編纂者が病気について詳しくふれないよう記述したと推測されます。それが結果として、『大正天皇実録』の史書としての迫力を失わせているのは否めません。

 この日、原は、葉山からの帰り、すぐに山県のいる小田原に向かいます。ここでも、やはり原の動きは素早いのです。ちょうどこの日、小田原の山県別邸には、朝鮮総督府で政務総監を務めていた、養子の山県伊三郎が帰ってきていました。つまり、わざわざ朝鮮から跡取りを呼び戻すほど、山県有朋の病状は危なかったのですが、〈山県の病気を見舞たるに快方なりという〉。なんと、もう山県は快方に向かっていました。

 このときは、原、山県だけではなく、多くの閣僚や政府関係者もインフルエンザに罹患しています。つまり、日本の権力の頂上で、サミット・クラスターが起きていたのです。

 いま、コロナウイルスのパンデミックの中で、世界のどこの国でも、その国の抱えている課題が露わになっていますが、このときも、スペイン風邪によって、当時の日本政治の構造が浮かび上がっています。私たちは学校で「大正デモクラシー」であったり「政党政治の時代になった」と習いますが、パンデミックを補助線にしてみると、その政党内閣の内実は、明治の元勲の後ろ盾がなければすぐに動揺してしまう、ひとりの長老がインフルエンザにかかるだけで、政権が揺らいでしまいかねない不安定さを抱えていたことが見えてきます。

(磯田 道史/文春新書)