金沢のオウム分派団体側が敗訴 観察対象の「処分は適法」

ざっくり言うと

  • オウム真理教の分派団体を金沢市で主宰しているとされる女性が起こした裁判
  • 女性は、国による団体への観察対象処分を取り消すよう求めていた
  • 29日の判決で、東京地裁は「処分は適法」として女性側の訴えを退けた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x