窪塚愛流/新CM「オフィスカジュアル化はじまる」編より(提供写真)

写真拡大

【モデルプレス=2020/09/29】俳優・レゲエDJ(名義は「卍LINE」)の窪塚洋介の長男で俳優の窪塚愛流が出演する紳士服販売の新CM「オフィスカジュアル化はじまる」編が関東1都6県で放送、Web配信される。愛流がCMに出演するのは今回が初めてとなる。

【写真】窪塚洋介一家のXmasが素敵すぎる イケメン息子に「やっぱりそっくり」の声


今回のCMでは、愛流をはじめとする男女7名のヤングビジネスパーソン達が、スニーカーやカットソーなどを取り入れたオフィスカジュアルスタイルで、颯爽とオフィスに向かっていく朝の通勤風景を描いている。中でも愛流は、ストレッチ素材のセットアップスーツにTシャツやバックパックを合わせたスポーティーなスタイルで登場。これらにより、型に縛られることなく自由なスタイルで活躍する次世代の働き方を表現した。

◆窪塚愛流、初CM撮影とは思えない存在感


撮影当日、天気は良好。緊張気味に現れた愛流だったが、スタッフとの打ち合わせでは真剣な表情を見せ、途中通り雨に見舞われ撮影が中断するも天気回復後に撮影を再開した際には、「晴れてよかった」と笑顔で撮影に臨んだ。

交差点を何度も走ったり歩いたりを繰り返し、疾走感を追求した。何度も走ったため、スタッフから「疲れましたか?」と聞かれると「全然疲れていない」と、すさまじい体力を感じさせる場面も。また、朝のルーティーンをイメージして食パンをかじるシーンでは、自らかじり方を検証し、様々な角度から食パンをかじる動作を追求した。1つ1つの動きや視線までも気にして撮影に臨む姿は堂々としていて、初めてのCM撮影とは思えない存在感を放っていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】