ドジャースのブラスダー・グラテロル【写真:AP】

写真拡大

ドジャースのグラテロルが投じた1球が話題に

 米大リーグ、ドジャースのブラスダー・グラテロル投手の投じた1球が米ファンを驚かせている。27日(日本時間28日)のエンゼルス戦の8回に登板。100マイル(約161キロ)のバックドアツーシームで見逃し三振に切って取るシーンを、米国の名物セレブが動画付きで公開。「チートだ」「捕手はどうやって捕っているんだ」などと注目が集まっている。

 185センチ、120キロ。22歳の巨漢右腕がもの凄い1球を繰り出した。8回1死、ジョーンズに対してカウント2-2からの5球目だ。外角のボールゾーンからホームベース付近で急激に変化。シュートの軌道を描き、ストライクゾーンぎりぎりに決まった。

 球速はなんと100マイル。見事なバックドアにジョーンズのバットはピクリとも動かない。後続もしっかりと打ち取って3人でピシャリ。レギュラーシーズン最終戦で圧巻の投球を見せつけた。

 グラテロルの100マイルバックドアにフォーカスしたのは、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる名物セレブのロブ・フリードマン氏だ。自身のツイッターで「ブラスダー・グラテロル、馬鹿げた100マイルのバックドアツーシーマー」と題して動画付きで公開すると、米ファンからは驚愕の反響が集まっている。

「バズーカ!」
「魔術だ」
「エグい」
「オー・マイ・ガー」
「チートモードだ」
「楽々投げてるな」
「目が離せない」
「こんなのフェアじゃない」
「ギャー」
「捕手はどうやってこんなロケット球捕ってるんだ」

 メジャー2年目の今季は前田健太とのトレードでドジャースに加入。23試合に登板して防御率3.09と上々の成績を残した。29日(日本時間30日)から始まるプレーオフでもその剛腕に注目が集まる。(THE ANSWER編集部)