長い期間、男性と関係がないと体を見られることがないので、どうしても気が抜けてしまいますよね。バージンの女性は未経験のため、そのときにしっかり備えておく人が多いみたいですが、経験者のセカンドバージンの女性には、ユニークなあるあるがあります。ここではそんなあるあるネタをご紹介しましょう。

変なところから毛が生えてくる

「もともとムダ毛は薄い方の私。男性との関係がなくなって早3年になりますが、久しぶりに温泉に行って自分の体をよくみたところ、乳輪の近くやへそなど想像もできないところからムダ毛が。女性ホルモンの欠如を感じましたね」(26歳・女性・フリーランス)

▽ 男性との関係がなくなると、その部分でのドキドキが減ります。その結果男性ホルモンが活発になって、驚くような場所にムダ毛が生えてしまうのかもしれません。気になる男性に指摘される前に、自分で気付けてよかったですね。

ルームウェアが学生時代の体操着

「彼氏が途切れなかった頃は、ちょっとかわいいルームウェアを着ていました。ですが今は誰に見られるでもないので、着心地重視。
となるとやっぱり最強なのは学生時代の体操着なんですよね。10年以上も前のものを着用できる、自分のプロポーションを自画自賛しています」(25歳・女性・営業事務)

▽ 10年以上も前の体操着をもっていることが驚きです。相当物持ちがいいタイプなんでしょうね。たしかに体操着って動きやすく、見た目を気にしなければルームウェアにぴったりなアイテムかも。体型維持ができている女性なら、自己管理がしっかりしているので、将来的にステキな旦那さんを見つけられそうですね。

下着がちぐはぐ

「下着を買い換えるタイミングがわかりません。パンツに穴が空いたときはそれを捨て、別のパンツで代用します。するとおのずとすべての下着がちぐはぐに。お酒の勢いで久しぶりにってときに、すごく恥ずかしい思いをしました」(27歳・女性・アパレル店員)

▽ 上下一緒にダメになれば一式買い換えようと思いますが、片方使えるならなんだかもったいない気がするのはよくわかります。ただ、男性って女性に想像以上に下着を見ていたりするんですよね。お酒の勢いなら相手も酔っているので、きっと覚えていないと信じましょう。

エッチの仕方を忘れている

「最後にしたのはいつだろうって考えるぐらい、長い間ロスの私。久しぶりにそういう機会があったんだけど、自分でもびっくりするぐらい仕方を忘れていたんですよね。相手の男性に『もしかして初めて?』って聞かれたほど。
やっぱり適度にそういうことはしておくものなんだなと、実感しました」(28歳・女性・セールスライター)

▽ リードしてくれるタイプだったり、相手にリードされたいタイプだったり、関係をもつ男性によって、仕方が異なりますよね。ある程度経験があれば、なんとなくわかるものですが、長く関係がないとまた別。何度か実践するうちに思い出してくるものなので、相手の男性好みの夜の営みにシフトしちゃいましょう。

まとめ

セカンドバージンの女性あるある、なんだか笑えるエピソードが多かったですね。どれも男性との関係をもてば改善されるものばかりなので、次の出会いに向けて日々向上する気持ちでがんばっていきましょう。そうすればきっとステキな男性との出会いが待っているはず。