ドイツ・ベルリン国際映画祭に出席する竹内結子さん(2016年2月13日撮影、資料写真)。(c)John MACDOUGALL / AFP

写真拡大

【AFP=時事】日本の人気女優、竹内結子(Yuko Takeuchi)さん(40)が先週末に死去したことを受け、政府は28日、悩みを抱えている人は支援を求めるよう呼び掛けた。

 テレビドラマシリーズ「ミス・シャーロック(Miss Sherlock)」などへの出演で知られる竹内さんの訃報を受け、国内には衝撃が走った。日本で知名度が非常に高かった竹内さんは、今年1月に第2子を出産したばかりだった。

 加藤勝信(Katsunobu Kato)官房長官は特定の事例には言及しなかったものの、新型コロナウイルスの影響下で悩みを抱えている人もいると述べ、自殺防止のためのホットラインや相談窓口などを利用するよう呼び掛けた。

 最近自殺件数が増加している日本では、芸能人の死去が相次いでいる。今月には女優の芦名星(Sei Ashina)さんが、7月には俳優の三浦春馬(Haruma Miura)さんが自殺したとみられている。

 5月には、動画配信大手ネットフリックス(Netflix)で配信されていたリアリティー番組「テラスハウス(Terrace House)」に出演していた木村花(Hana Kimura)さんが、インターネット上で誹謗(ひぼう)中傷にさらされた後に自殺したとみられることが明らかになり、世界中で報じられた。

 日本国内における先月の自殺者は1900人近くに上り、前年同月比で15.3%増加している。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
人気歌手ジョンヒョンさん死去、韓国芸能界の闇を浮き彫りに
俳優自殺を食い物にするテレビ 「魔女狩り」報道が過熱 インド
ソウル市長、遺体で発見 セクハラ疑惑浮上の後