台湾の都市を「中国」と表記、EUの支援で修正=外交部長

写真拡大

[台北 28日 ロイター] - 地球温暖化対策を進める世界の自治体が参加する「世界気候エネルギー首長誓約」(本部ブリュッセル)の公式サイトで台湾の6都市の国名が「中国」と表記されていた問題で、台湾の呉ショウ燮外交部長(外相)は28日、欧州連合(EU)の協力で「中華台北(チャイニーズ・タイペイ)」に修正されたと表明した。

台湾6都市の市長が国名の訂正を求める公開書簡を出したことを受け、首長誓約側が修正に応じたという。

中国政府は、国際団体や企業に対し、ウェブサイトや公式文書で台湾を中国の一部と表記するよう要求。台湾は中国政府の方針に反発している。

台湾は五輪などで「中華台北」の呼称を使っている。

同部長は、詳細を明らかにしなかったものの、この問題でEUが台湾を「支援」してくれたと表明。「非常に満足している」と述べた。

首長誓約側は短い声明で、今回の問題について「データベースでの技術的な不具合」が要因とし、すでに修正されたとした。

欧州委員会は同問題について「週末に認識した」とした。

中国外務省の報道官は記者団に、台湾は中国の不可分な領土であるとし、「台湾の都市は当然、中国の都市として記載すべきだ」と述べた。

*内容を追加しました。