全仏オープンテニス、男子シングルス1回戦。ガッツポーズを見せるヤニック・シナー(2020年9月27日撮影)。(c)Anne-Christine POUJOULAT / AFP

写真拡大

【AFP=時事】全仏オープンテニス(French Open 2020)は27日、男子シングルス1回戦が行われ、19歳のヤニック・シナー(Jannik Sinner、イタリア)が7-5、6-0、6-3で大会第11シードのダビド・ゴフィン(David Goffin、ベルギー)に圧勝し、2回戦へ駒を進めた。

 昨年、21歳以下のトップ選手8人が出場するネクストジェネレーション・ATPファイナルズ(2019 Next Gen ATP Finals)で優勝したシナーはこの日11ゲームを連取するなどし、2度目の対戦となったゴフィンに連勝した。

 全仏オープンの本戦は今回が初めてだが、1月の全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2020)でも2回戦に進んでおり、四大大会(グランドスラム)では2勝目となった。

 また、肌寒い雨が降るコンディションで大会が初日を迎えた中、コート・フィリップ・シャトリエ(Court Philippe-Chatrier)に新たに設置された開閉式の屋根の下で初めてプレーした選手となったシナーは、「とてもうれしい。本当に光栄なことだ。この大会に出るのは初めてだが、屋根があるのは素晴らしいことだし、1週間を通して役に立つと思う」と語った。

 前哨戦のイタリア国際(Internazionali BNL d'Italia 2020)ではステファノス・チチパス(Stefanos Tsitsipas、ギリシャ)も破っている世界75位のシナーは次戦、地元フランスの予選勝者ベンジャミン・ボンジ(Benjamin Bonzi)と対戦する。

 その他の試合では、第6シードのアレクサンダー・ズベレフ(Alexander Zverev、ドイツ)が7-5、6-2、6-4でデニス・ノバク(Dennis Novak、オーストリア)を下し、初戦突破を果たしている。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
「ばかげた」寒さにアザレンカ怒り、不穏な開幕迎えた全仏OP
全盛期に戻るのは「難しい」 マレー、全仏初戦でワウリンカに完敗
錦織が全仏OP2回戦進出、フルセットでエヴァンス下す