水彩画を描く工程をYoutubeで配信する柴崎さん。海外からも反響は高い

写真拡大

 週刊ポスト2020年4月10日号の特集記事「ご長寿YouTuber 今日も達者に配信中!」でも紹介された、90歳のGamer Grandmaが5月に「最高齢のゲーム動画配信YouTuber」としてギネス認定された。高齢で精力的に動画を配信するYouTuberはまだまだいる。

【写真】織の良いキャメル色のニットを着て自室で解説する柴崎さん

 柴崎春通さん(73)は、40年以上の講師歴を持つプロの水彩画家。2017年に息子の勧めでYouTubeを始めると、「本格的な水彩画をわかりやすく、楽しく学べる」コンセプトや作品が国内外で注目を集め、68万人もの登録者数を誇る人気チャンネルとなった。

 投稿した動画の中には、500万回再生の大ヒットを記録したものもある。「リアルな個展では、絵を観てくれる人はどんなに頑張っても数百人。それがここまで広がるなんて」と驚いたという。

 美しい水彩画が完成するまでの工程を自ら撮影して配信する柴崎さん。動画ではプロならではのクオリティが堪能でき、海外からも多くの反響が寄せられる。

 水彩画の基礎から応用まで、実践的な技術を動画でわかりやすく解説。長年の講師経験を活かして「絵を描くことの楽しさ」の大切さを伝える。

 ユーモラスで優しい語り口も人気の理由のひとつ。若い視聴者からは「私のおじいちゃんになってほしい」「寝る前に見ると心が癒やされる」という感想も寄せられるという。

 動画は水彩画だけでなく、鉛筆や100円均一ショップの画材など「弘法筆を選ばず」の姿勢も見せている。ほか料理や菜園での日常生活も配信している

「世界中のファンから届く温かいメッセージがなにより嬉しく、日々の活動の原動力になっています」と画家として充実した日々を送る柴崎さん。まさに“老いてなお花盛り”だ。

●チャンネル名/Watercolor by Shibasaki
開設年月/2017年3月
登録者数/68万人
公開動画本数/321本(※9月24日現在)

【プロフィール】しばさき・はるみち/1947年生まれ。画家、水彩画講師。日本美術家連盟会員。国内やニューヨークで個展を開催している。著書に『透明水彩 風景画を描こう』(グラフィック社)など。

■写真提供/Watercolor by Shibasaki

※週刊ポスト2020年10月9日号