中国でも大人気のテレビドラマ「半沢直樹」(TBSテレビ、より)


(花園 祐:上海在住ジャーナリスト)

 満を持してシリーズ2が放送された堺雅人氏主演のTBSドラマ「半沢直樹」は、前評判に違わない高視聴率を連発し、9月27日の最終回を終えました。

 筆者が暮らしている中国においても、同番組はシリーズ1が放送された2013年当時から非常に高い人気を得ています。

 今年のシリーズ2も放送開始前から大いに話題となり、動画サイトで配信される中国語字幕版を多くの人が視聴しています。「ドラマ満足度ランキング首位に」「コロナの影響で放送日が延期」といった日本でのニュースも逐一伝えられており、その熱狂ぶりは日本と同等、いやそれ以上ではないかと思わされるほどです。

 なぜ中国人はこれほどまでに「半沢直樹」に熱狂するのか。筆者は、そこには中国人ならではの、ある国民性があると見ています。一体どのような国民性なのか、以下で紹介したいと思います。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

「倍返し」が流行語に

 前述の通り、「半沢直樹」は2013年のシリーズ1から中国で高い人気を博しています。特に主人公の決め台詞である「やられたらやり返す、倍返しだ(中国語:以牙还牙、加倍奉環)」は中国でも流行語となり、筆者も当時やたらと中国人が口にしているのを聞いたものです。

 中には、中国国内にある日系銀行支店への就職が内定するや、「日本の銀行での仕事を学ぼうと『半沢直樹』を見て予習しています」という若者もいました。さすがにその若者には、「あれはドラマの世界であって、日本の銀行ではあんな風に毎日怒鳴りあったり、土下座しまくっているわけじゃないよ」と教えてあげましたが。

 シリーズ2が始まってからは、筆者の周りでも「半沢直樹見てる?」と話題を持ちかけてくる中国人に会うようになりました。

 出演している俳優陣も大人気です。特に主役の半澤直樹を演じる堺雅人氏、大和田常務を演じる香川照之氏については、誰もがその見事な演技ぶりを褒め称えています(「あの大和田常務役の人は最近、カマキリの着ぐるみを着ながら野山を駆け巡り、虫捕りに励んでいるよ」と教えてあげると、みんな驚いた顔で「为什么?(なんで?)」と聞き返してくるのがいちいち面白くてたまりません)。

ことのほか好まれる「下克上」

 なぜ中国人はこれほどまでに「半沢直樹」に熱狂するのか。

 1つ目の理由としては、中国では珍しい銀行業界を舞台にしたビジネスドラマという点が挙げられるでしょう。

 中国で制作されるドラマの大半は恋愛ドラマや時代劇で、こうした現実世界のビジネスシーンを取り扱ったドラマは決して多くありません。会社で働く自分の姿と重なるのか、サラリーマンの成人男性からとくに高い支持を得ています。

 第2の理由としては、このドラマが持つ下克上的な展開が、中国人にとってはとにもかくにもたまらないのではないか、ということです。

 筆者は2013年のシリーズ1を見始めたとき、「これは絶対中国でも流行るな」とはっきり感じたことを今でもよく覚えています。

 普段中国人と付き合っててひしひしと感じるのですが、中国人は一般的に「小が大に打ち勝つ」「虐げられている人間が上にいる人間をひっくり返す」といった下克上をことのほか好むように見えます。

 こうした下克上的な展開は、もちろん日本を含む世界各国で一種の王道ストーリーとして成立し、高い人気を得ています。ただそれを考慮したとしても、この手のストーリーに対する中国人の反応は日本人と比べると明らかに強いように感じます。たとえば日常においても、嫌な上司がなにか失敗して追いやられたり、虐められていた下っ端がやり返した、といった話題が出ると、みんな身を乗り出さんばかりに食いついてきます。

社会背景か、国民性か

 下克上ストーリーに中国人が強く反応するのはなぜか。真っ先に考えられる理由は、現代中国の社会背景かと思われます。

 日本でも報じられている通り、現代の中国では大手企業や役人の不正が絶えません。一般市民はそうした行為に腹を立て、非常にストレスを抱えています。それだけに不正をした大手企業関係者や役人が逮捕されたりすると、みんな喝采しながらすぐにニュース記事をシェアし合います。「半沢直樹」は、中国の一般市民の怒りやストレスのはけ口になっているとも考えられるのです。

 また、中国人がこうした下克上に大喜びするのは、そもそも歴史的な国民性であるという見方もできるかもしれません。

 というのも、中国では歴史的に革命や農民反乱が数多く、日本よりも権力の浮き沈みがきわめて激しいからです。

 中国では紀元前209年、フランス革命よりも約2000年早く、中国初の農民反乱である「陳勝・呉広の乱」が起きました。この乱で陳勝が農民らに「王侯将相いずくんぞ種あらんや(血筋なんて関係なく、なろうと思えば誰だって王になれる)」と呼びかけたと言われています。このように、中国人は世俗権威の逆転に対する意識が大昔から高いのです。劉邦や朱元璋など農民から皇帝にまで上り詰めた人物も実際に存在し、そういった成り上がり系のキャラは中国で人気を博します。

 以上のように下克上を歴史的に好むという国民性があるがゆえ、中国人は「半沢直樹」に熱狂するのかもしれません。

「貴種流離譚」への反応はいまいち

 さて中国人は「下克上」に日本人以上に強い関心を示すように見えますが、一方、中国人側の視点に立つと、日本人は中国人に比べて「貴種流離譚」系の話をより好むように見えます。

 貴種流離譚とは民俗学者、国語学者の折口信夫(1887〜1953年)が論じた概念で、主人公が実は王子様だったり、伝説の勇者の子孫だったりと、高貴な血筋を引いていることが後からわかる、といったストーリー展開を指します。日本でもヒットしたインド映画の「バーフバリ」などは、その典型でしょう。

 中国の文物においても貴種流離譚はなくはありませんが、日本人と比べると中国人の反応はいまいちに感じられます。それよりも、地位も縁も財産もない本物の庶民が、努力の末にあらゆる困難を克服して活躍する、といった話の方が、中国人には好まれるようです。「半沢直樹」も、主人公がまさにそうした立場だからこそ共感を得ているのでしょう。

「半沢直樹」は1つのドラマ作品として脚本、演出、役者の演技などがきわめて優れていることは言うまでもありません。しかし、中国での人気の秘密を探ると、日本との文化的差異が見えてくるのは、なかなか興味深いところです。

筆者:花園 祐