旧シャルリー・エブド前で襲撃 逮捕の少年、本社まだあると誤解か

ざっくり言うと

  • 仏パリの風刺週刊誌「シャルリー・エブド」の旧本社前で起きた襲撃事件
  • 逮捕された少年は、本社がまだその場にあると誤解して襲ったことが分かった
  • 犯行の動機はイスラム教の預言者の風刺画を再掲載したことだとみられている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x