亡夫の遺産を5000円で売り飛ばした妻…「本当の値段」に絶句

写真拡大 (全2枚)

いつの時代もなくならない相続トラブル。本記事では、被相続人が生前対策を怠った結果、大切にしていたものが思わぬ方法で処分されてしまったケースを見ていきましょう。『円満相続をかなえる本』(幻冬舎MC)より一部を抜粋、再編集して紹介します。

「そろそろ遺品を整理しようかな」で悲劇が…

夫が亡くなって1年が過ぎ落ち着いたなかで、Dさんはそろそろ部屋を片付けようと思い立ちました。部屋には夫が集めるのが好きだった茶道具や美術品が遺されています。しかし、置いたままでは整理がつかないため、インターネットで見つけた不用品回収をしてくれる業者を依頼しました。

(※写真はイメージです/PIXTA)

そして、回収しに来た当日、業者はこう話しました。

「不用品回収・片付け費用は合計で〇円になります。あとは、一応こちらの焼き物や絵画は値がつきますが、まとめて5000円くらいにしかなりませんし、こちらで処分いたしますね」

そのときDさんは、部屋が綺麗さっぱりしたことで、処分した古美術品に関しては特に気にもしておらず、業者が言ったことにも疑問を持ちませんでした。しかし、それから数か月が経って、このとき、ほとんど処分価格同然で回収された茶道具、絵画が、実は100万円で取引されていたことが判明したのでした。

後から知ったら、ご依頼者はどう思われるでしょうか? こういった問題が起きてしまうのは、回収してもらう側も、回収する側も、その品物の価値を知らないからです。

買取する業者側とすれば、すべての商材に対して価格や知識などを把握するのは非常に難しいことかと思いますが、「知らない」で済ませてしまうのは、プロとして失格です。見方によっては、利益だけを考えた、詐欺に近い行為であるともとらえかねません。

価値ある「資産」が「遺品」になってしまう前に

■生前整理することの大切さ

生前にご自身の遺産整理をしておくことによって、それを引き継いだご家族が、後になって処分するのに苦労したり、今お伝えしたような被害に遭って嫌な思いをしたりすることがなくなります。そしてまた、相続の場面で起こりがちな争いの種を減らすことにもつながります。実際、ご遺族が高価な遺品を奪い合い、揉めて収拾がつかない状態になってしまったケースを私はこれまで見てきました。

そして何より想像してみていただきたいのは、あなたがずっと大切にしてきた価値のあるモノ、それがもし、自分がいなくなったらどうなるのかということです。自分にとって思い入れのあるモノが、その価値を適正に認められないまま不当に処分されたり、あるいはそうした価値のあるモノを遺したがために、相続争いを引き起こすことになってしまったり……。いずれも可能性がないとは言い切れないのです。

相続が発生し、そのご遺品がどのように扱われるのかというのは、とても大切なことです。今お持ちの価値ある「資産」が「遺品」になってしまう前に、それらをどうしたいのか考え、売る、売らないにかかわらず、ご家族にその価値を伝えておく、あるいは、あなた自身がその価値を把握するなど、きちっと整理しておかれることを強くお勧めします。

そして、売るか売らないかの判断についてですが、もし、そのお品物を本当に受け継ぎたいと思い、大切にしてくれるご家族がいらっしゃるのであれば、継承されることに賛成です。しかし、そうでない場合には、本当に必要な方へと価値を交換する形で「売却」されるというのも、一つの選択肢だと思います。

「資産は遺さない」という優しさもある

私はこれまで、いろいろなケースを見てきましたが、資産はできるだけ遺さないようにするのが、ご家族に迷惑をかけないための配慮につながる、というか、むしろ義務ではないかと考えるようになりました。というのは、やはり多いのが遺産分割を巡るトラブルだからです。そうしたトラブルは、当たり前ですが、資産を遺すから発生するのであり、あるいは、遺すのはいいとしても、生前に事前対策を行っていないから起こるのです。

生前に自分の財産を整理するというのは、残りの人生をより良くまっとうするためにも重要なことではないでしょうか。とりわけ、思い入れのある、大切にしてきたお品物については、そうする強い意識を持たれることが必要かと感じます。

明日のことはどうなるか正直わかりません。ですので、「私は元気だから、まだまだ大丈夫!」という考え方は改めましょう。生前整理は、元気で判断できるときじゃないとできないんです。

これから遺産相続の問題が、さらに増加の一途をたどってくるかと思います。トラブルが増加している背景には、核家族化などで家族関係が希薄になったことや、個人の権利意識が高まったこと、情報化社会のなかで得られる情報が多くなってきたことがあるようです。

このような問題をきっかけに、ご家族をはじめ、ご縁のある方々が揉めて関係も途絶えていくことは、とても残念でなりません。しっかりご自身の人生について考え、ご自身にとっても、ご家族にとっても、何が最善なのかを考えてみてください。

石川 宗徳/森田 努/島根 猛/佐藤 良久/近藤 俊之/幾島 光子