中国大使館のTwitter乗っ取りか…真相は果たして…

写真拡大

 英国で「戦狼外交官」と呼ばれ、中国の外交官の中で最も戦闘的で、中国への批判に対しては徹底的に相手を攻撃することで知られる劉暁明・駐英国大使が、ツイッターで10秒間の中国語のポルノ映像に「いいね!」を押したことが大きな話題になっている。日ごろから強面(こわもて)の劉大使だけに、「大使はポルノを見る時間があるのか? そんなものを見る暇があるのならば、香港やウイグルで苦しんでいる民衆のことを思い出せ」などとの非難のコメントが多数寄せられるなど、8万5000人のフォロワーをもつ劉大使のツイッターアカウントは炎上した。

 これに対して、中国大使館は「劉大使のツイッターアカウントが最近、一部の反中国分子の悪意を持った攻撃を受け、卑劣な手段を用いて人々を欺いた」との声明を発表し、何者かによって劉大使のアカウントが乗っ取られたことを示唆した。そのうえで、アカウントの管理者に対して、「徹底した調査を行い、真剣に対応しなければならない」と要求。さらに、「われわれはさらなる行動をとる権利を留めている」と述べて、報復措置を検討していることを明らかにした。

 劉大使は64歳で、2009年からこれまで11年間も駐英中国大使を務める中国外務省の中でも古参の高級幹部。66歳の王毅外相とは2歳しか離れておらず、次期外務大臣との下馬評も出ているほどの重鎮だ。

 香港国家安全維持法成立や、新疆ウイグル自治区のウイグル族への人権侵害などにおける中国政府の対応への批判に対して、劉大使はテレビに出演して、討論会で英国の論客とやり合うなど、徹底的に相手を論駁する強硬な姿勢で知られている。

 それだけに、今回の劉大使のポルノ映像騒動については、英BBC放送やロイター通信などの英国メディアに加えて、米国のCNN、ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポストなど世界の主要メディアも報道するなど、関心の高さを示している。

 報道によると、劉大使のアカウントでは「ストッキングを履いた美しい脚」と題するポルノまがいの脚フェチ画像のほかに、目隠しをされている複数のウイグル人をドローンで撮影した画像にも「いいね」をしているという。さらには、「香港を解放せよ」「ウイグル人を解放せよ」と訴え、中国が「国際社会に非難されることなく自国市民を殺害している」、と非難する内容の投稿にも「いいね」がされていた。

 このようなメディアの注目度が高いこともあってか、劉大使のアカウントはこれらの「いいね」を含めて、過去1年間に押した数十の「いいね」を素早く削除し、2点の「いいね」だけを残しているという。

 しかし、大使館側が発表した劉大使のツイッターアカウント乗っ取りについて、疑問を呈する向きもないわけではない。英国人権活動家のベネディクト・ロジャース氏は「中国側が発表したハッキング行為だとする話もウソではないか。中国の外交官がCOVID-19(新型コロナウイルス)の発生源が米軍だとか、イタリアだとかと言ったように、ウソ、いつわりは彼らの得意とするところだ」とコメントしている。