毎回得点で快勝!・連合

 1回裏、連合は先頭の1番・日高倖輝(1年)がレフトオーバー三塁打で出塁すると、2番・中原彪希(1年)の犠牲フライで先制。6番・長友直弥(2年)のレフト前タイムリーも出て、2点を先取した。 志布志は2回表、7番・佐藤啓介(1年)のスクイズ、押し出しで同点に追いつく。

 その裏、連合は4連続四死球と相手の制球難にもつけこみ、打者一巡で6点を奪った。

 3回には3番・基悠人(2年)のライト前タイムリー、4番・藤田優主将(2年)のレフトオーバー二塁打、6番・長友のセンターオーバー三塁打で4点を追加し、大きく点差を広げた。

 5回、6番・長友のタイムリー二塁打でコールド勝ち。長友は2本の長打を含む4安打5打点と活躍した。県内の連合チームとしては歴史的な2勝目を挙げ、ベスト16入りを決めた。

(文=政 純一郎)