那須川天心×清宮海斗 異種格闘技対談(前編)

 7月下旬、キックボクシング界の"神童"那須川天心が、東京スポーツ新聞の取材の中で意外な人物の名前を出した。プロレスリング・ノアの清宮海斗──。清宮が新日本プロレスのオカダ・カズチカに対戦アピールしたことについて、「時代を切り開く人って先に動いた人だと思う。ギラギラ感があっていい」と高く評価した。

 この記事を受けて、清宮は「那須川さんとふたりで話してみたい」とツイート。ならば話していただこうということで、今回、キック界とプロレス界、それぞれの未来を担う若きふたりの対談が実現することになった。

 当日、対談の前にYouTubeの撮影が行なわれ、「那須川天心チャンネル」では清宮が那須川にプロレスを、「プロレスリング・ノア公式チャンネル」では那須川が清宮にキックを指導。初めてプロレスのリングに上がったという那須川に、まずは率直な感想を聞いてみた。


プロレスリング・ノアの清宮海斗(写真左)とキックボクシング界の

── プロレスを体験してみて、いかがでしたか?

那須川 痛かったです。ものすごく痛かったです。こんなに痛いとは思わなかったです。やっぱりすごいですよね。僕も鍛えてはいるんですけど、鍛え方が違う。受け身をしっかり取らなきゃいけないんだなとも思いました。

── キックの試合で技を受けるのとは違う?

那須川 キックの場合、受けるというより避けるんですよ。プロレスのように、技が来るとわかっていながら受ける怖さはなかなかないです。「いまから注射打ちまーす」って言われて打たれるの、痛いじゃないですか。それと一緒です。......ん? 一緒なのか? わからないけど(笑)。

清宮 那須川さんはプロレスセンス抜群です。

那須川 ホントですか?

清宮 本当にすごいですね。これはもう、人間レベルじゃない。プロレスのセンスももちろんですけど、身体能力もそうですよね。僕もいままで身体能力がすごい人たちと闘ってきましたけど、この年齢でこれだけバネがあるってすごいなと思います。

那須川 嬉しいですね。でも身長が足りないですもんね。

清宮 ちなみに何センチですか?

那須川 165センチです。

清宮 それでも、ヘビー級で闘えると思います。

那須川 いやあ〜(笑)。

清宮 技を受けるのは痛いと思いますけど、打撃だったらヘビー級の重さはあるので。すごい威力がありました。

那須川 打撃だけだったらいいんですけどね。僕、プロレスラーの方って本当にすごいなと思っていて。自分を演じるというか、自分の世界観を作るじゃないですか。キックボクシングもそういうのが必要だなと思って、プロレスの大会を観に行って勉強したんですよ。

清宮 へえー! 意外です。

那須川 入場の演出とか、やっぱりすごいなと思いました。この人にはこういう入場の仕方があって、こういうキャラがあってっていうのを、プロレスから学びましたね。キックボクシングでも、入場から魅せて、しっかり自分をアピールしようと思っています。格闘家って闘うことがすべてと言えばすべてなんですけど、その中でも「こいつすげえ!」とか、「この人なんか違うな」っていうのを見せたい。それを技だったり、立ち居振る舞いだったり、行動だったりで見せないと、生き残れないんですよ。

清宮 そういう選手って、格闘技界では少ないですよね。あとたぶん、那須川さんはプロレス以外にも、いろんなジャンルを観ていると思うんですよ。映画とかアニメとか。それでちょっとでも「あ!」って思ったら、それを格闘技に取り込めちゃう人なんだろうなと。特別な人にしかできないことだと思うので、すごいなと思います。普通にアニメの動きとか、やってますもんね。

那須川 実際の試合より、アニメとかそういうのをいっぱい観ますね。

清宮 最初に心揺さぶられたアニメってなんですか? 僕は『(グラップラー)刃牙』なんですけど。

那須川 おお! 僕も格闘技系だったら『刃牙』と『はじめの一歩』です。

清宮 やっぱり! 僕、いまでも『刃牙』を観たら「トレーニングしたい!」とか思います。いまでも「うおおおお!」っとなる。

那須川 なりますよね。普通の漫画やアニメとは、ちょっとテンション違ってきますよ。非現実的な技とか多いんですけど、男子ってそういうのに憧れるんです。「俺ならできるっしょ」みたいな。


 

── 40連勝もされていると、テンションやモチベーションを保つのが大変では?

那須川 僕は別に試合のために練習するわけでもなくて、トレーニングというか、格闘技自体が好きなんです。格闘技って、やればやるだけ強くなりますし。やらなきゃやらないで弱くなりますし。自分が常に強くなっているってわかるから、モチベーションは下がらないですね。とにかく強くなりたくてプロになったので、相手がどうとか関係ないです。

清宮 僕はモチベーションが下がる暇がないですね。プロレスは試合数が多いので、試合をして、その試合で「ここはこうだった」「今度はこうしよう」と思って練習したら、すぐ試せる機会が来る。そこで試して、その繰り返しですね。

那須川 年間、何試合くらいなんですか?

清宮 100くらいじゃないですかね。

那須川 うえ〜! 100!

清宮 コロナの前は、それ以上のときもありました。

那須川 マジですか! 僕もキックボクシングのなかでは多くて、マックス年間9試合くらいやってましたけど、100かあ......。ケガとかしないんですか?

清宮 小さいケガは常にあります。

那須川 そうですよね。たぶん格闘家あるあるなんですけど、ケガに鈍いんです。たとえば、ちょっと捻挫しているくらいじゃ、「大丈夫っしょ」みたいな。ちょっと手首痛いとか、全然。それで気づいたら折れてた......みたいな(笑)。結構ありますよね?

清宮 ありますねぇ。

那須川 試合の時になると、全然大丈夫。けど、終わったらめっちゃ痛い。アドレナリンですよね。試合の時って、ケガとか関係なくなりますよね?

清宮 そうですね。始まるってなったら、もう全然関係なくなりますね。

那須川 オカダ選手への対戦アピール、びっくりしました。超いいなと思いましたよ。いま24歳ですよね? 僕は22歳ですけど、若さゆえに怖いものがないというか......遠慮しない、空気読まない、みたいな(笑)。結構、言われましたか?

清宮 かなり言われましたね。

那須川 叩かれました?

清宮 叩かれたかどうかはわからないですけど、リアクションがすごい来ました。リアクションがあったほうが絶対いいですからね。あの発言はもう、自分がただ言いたくて言っちゃってるんで。



那須川 自分を表現したいとか、自分で成り上がりたいと思うんだったら、必死にそういうことを言ったりしなきゃダメだと思うんですよ。空気を読むことも大切ですけど、周りに気を使うのか、それとも自分が注目されたいのかを天秤に掛けたときに、どっちが勝つのかですよね。

清宮 チャンピオンになって、他団体の選手と関わることが増えたんですよね。オカダ選手と向き合った時に、「この人、試合で闘ったら危なそうな雰囲気あるな」みたいな感覚があったんですよ。体もデカいし、威圧感もあるし、ちょっとこの人面白そうだなっていう雰囲気をすごく感じたんですよね。

── オカダ選手も、闘ってみたい選手のひとりとして清宮選手の名前を挙げてらっしゃいます。

那須川 うおおおっ! 観てえええ!

清宮 アハハハハ!

那須川 いまの時代だからこそですよね。発言すると、SNSも盛り上がるじゃないですか。だから言ったもん勝ちみたいなところありますよね。この対談だってそうですよね。早いですよね、時の流れは。

清宮 ホントにすごいですよね。

那須川 やっぱり、発信していかないとダメですよ。ひとつの行動や言動で注目させるっていうのは、本当に大事です。一歩間違えれば、炎上しちゃったりとかもありますけど。そういう発言もパフォーマンスなのかなと思います。

(後編に続く)

【プロフィール】
那須川天心/1998年8月18日、千葉県生まれ。5歳から極真空手を始め、小学校5年生でジュニア世界大会優勝。キックボクシングに転向し、アマチュア戦歴は105戦99勝5敗1分。キック界の"神童"と呼ばれる。14年7月、RISEバンタム級ランカーを1R58秒KOで下し、衝撃のプロデビュー。史上最年少16歳でRISEバンタム級王座を獲得、19歳で初代RISEフェザー級世界王者となる。2016年12月、RIZINに初参戦し、総合格闘技デビュー。2020年7月、プロ40連勝(31KO)を達成した。165cm、58.6kg。Twitter @TeppenTenshin
「那須川天心チャンネル」はこちら>>

清宮海斗/1996年7月17日、埼玉県生まれ。幼少期から三沢光晴に憧れ、高校卒業後すぐプロレスリング・ノアに入門。15年12月9日、ディファ有明大会にてデビュー。17年6月、海外遠征のためカナダへ出発。同年12月、後楽園ホール大会で凱旋帰国。18年12月、王者・杉浦貴を下し、GHCヘビー級王座を戴冠(戴冠最年少記録を更新)。20年1月まで防衛を続け、ノアの次世代エースとして期待されている。2018年、2019年、プロレス大賞・敢闘賞受賞。180cm、98kg。Twitter @noah_kiyomiya
「プロレスリング・ノア公式チャンネル」はこちら>>