iPadをはじめとした市販のタブレットの多くは、PCの2つ目の画面、いわゆる「サブディスプレイ」として利用できることはご存知でしょうか。10インチ前後の画面サイズを備えたこれらタブレットをつないでPCの表示領域を広げれば、日々の作業がより余裕を持って、快適に行えるようになります。

【画像】Windows PCの画面をiPadで広くする方法とは

 これらはノートPCよりも画面サイズが小さいとはいえ、常時表示しておきたい画面、例えばカレンダーやメーラー、あるいはSNSのウインドウなどをそちらの画面に移動させれば、メインのPCの画面をより広く使えるようになります。

 特に在宅ワークで、ノートPCの使用中はタブレットがずっと使われないまま放置されている場合、別途ディスプレイを買い足さずに手持ちのデバイスを有効活用できることから、コスト的にも最良の方法です。今回はデバイスおよびOSの組み合わせごとに、最適な方法をまとめてみました。


タブレットをサブディスプレイとして使えれば、作業領域を手軽に広げられます。これはiPadをMacBook Proのサブディスプレイとして接続した状態(筆者撮影)

Mac×iPadなら、macOS標準の「Sidecar」

 もっとも簡単なのは、MacとiPadという、同じApple製品同士の組み合わせです。というのもmacOSには「Sidecar」という、iPadをサブディスプレイとして使うための機能があらかじめ備わっているからです。同じApple IDにひもづいているiPadをプルダウンから指定するだけで、手持ちのiPadをサブディスプレイとして使えます。

 接続は完全ワイヤレスで、ケーブルをつなぐ必要はありません(有線でも利用可)。iPad側のロックを解除しておけば、何らかのアプリを起動して待機させておく必要もなく、いきなりMacの画面が表示されます。同じ内容を2つの画面に表示するミラーリングも対応しますので、正面に座った相手に向けてプレゼンしながら操作する用途にも使えます。

 パフォーマンスも良好で、Mac上で起動したブラウザをiPad上に移動させてウェブページを閲覧しても、iPad単体でブラウジングしているのと変わらない感覚で利用できます。さらに一部のアプリでは、iPadのタッチスクリーンをも活かしたApple Pencilによる入力もサポートするなど、プラスアルファの機能が使えるようになるのが利点です。

Windows同士の組み合わせなら「接続」アプリ

 一方で、Windows PCとWindowsタブレットの組み合わせは、Windows 10に用意されている「接続」という機能を用いるのがお勧めです。「Miracast」という技術に対応していれば、たいていのWindows 10マシンで利用できます。ケーブル接続は不要で、ワイヤレスで動作するのが特徴です。

 この「接続」は、タブレットに限らずノートPCなど、Windows 10がインストールされている別のPCの画面を、サブディスプレイとして使えます。つまりノートPCを2台並べ、一方の画面をもう一方のノートPCの画面にまで拡張させて使えるわけです。受信側と送信側を入れ替えても使えてしまうのが面白いところです。

 ただしこちらは受信側で「接続」を起動して待機状態にした上で、送信側で相手を検出するという二段構えの操作が必要になるなど、前述のSidecarに比べるとやや煩雑なほか、マウスポインタの移動もワンテンポ遅れるなど、パフォーマンスはお世辞にも高いとはいえません。表計算ソフトやドキュメントなどを常時表示しておく用途なら実用的でしょう。

 なおWindows 10標準の機能ということで利用は無料ですが、Windows 10の新しいバージョン「May 2020 Update」以降は、設定の「アプリ」→「アプリと機能」→「オプション機能」から追加インストールが必要になります。「接続」という項目が見つからなければ、そちらを探してみてください。

iPad×Windows PCなら「Duet Display」がおすすめ

 さて、むしろニーズが高いのは、タブレットとして現在もっとも普及しているiPadを、Windows PCのサブディスプレイとして使う用途かもしれません。こうしたケースでは、OSが標準で用意している前述の2つの方法は使えませんので、サードパーティーが開発しているサブディスプレイアプリを利用することになります。

 筆者のお勧めは「Duet Display」というアプリです。Appleの元技術者が開発したこのアプリは、前述の「Sidecar」が登場するまで、iPadをMacのサブディスプレイとして使いたいユーザの間で定番の存在でした。Sidecarが登場して以降は、iPad×Windowsの組み合わせ、また前述のSidecarでは非対応の古いiPad×Macの組み合わせにおいて、依然高い人気を誇ります。

 接続は有線/無線どちらにも対応しますが、無線接続はアプリ代に加えて別途サブスクリプション契約が必要なため、同時に充電も行える有線接続がお勧めです。動作速度はSidecarほどではありませんが、軽い動画であれば十分に閲覧が可能で、実用レベルで利用できます。解像度の変更、画面の縦横の切り替えなど、自由度が高いことが特徴です。

 ただし接続元のWindowsのリソースをかなり消費しますので、スペックが低いWindows PCでは、ほかの操作に影響を及ぼす可能性があります。iPadアプリは有料(本稿執筆時点で1220円)ですが、ディスプレイそのものを購入するよりはずっと安価ですので、iPad×Windowsの組み合わせでは試してみたいアプリです。

(山口 真弘)