マツコ、元NMB48・木下百花が首にタトゥーを入れた理由に大ウケ『アウト×デラックス』

写真拡大

9月24日に放送された『アウト×デラックス』(フジテレビ系、毎週木曜23:00〜)には、「事務所に内緒で首にスパイダータトゥーを入れた元NMB48」として、木下百花が登場。アイドル時代の破天荒すぎるエピソードに、マツコ・デラックスが「もっとガッツリ勝負して(アイドル)やってる姿を見たかった」と感嘆する一幕があった。

同番組は、独特の世界観を持って生きているこだわりの人たちを招き、矢部浩之(ナインティナイン)、マツコ、山里亮太(南海キャンディーズ)とアウトなトークを展開するトークバラエティ。この日はアウト軍団として、カウンターガール・結子と戦慄かなの、塚田僚一(A.B.C-Z)、横川尚隆、ミラクルひかる、小原ブラス、加藤一二三が出演。さらに、結子と8月14日に結婚したラグビー選手・松浦康一も出演した。

スタジオにパジャマ姿で現れ、「病院抜け出してきた?」とマツコを唖然とさせた木下は、2017年にアイドルグループ・NMB48を卒業し、現在はシンガーソングライターとして活躍中。デビュー当時のあどけないルックスにスタジオメンバーは驚くが、木下いわく、当時からロリータ(ファッション)やコスプレが好きだったという。

NMB48に入ったきっかけを聞かれ、「親に拉致されて」と木下。「学校帰りに母親が来るまで迎えに来て、『今から行くぞ』みたいな。どこに行くかわかんないまま車に乗って、行った先が(NMB48の)オーディション会場で……」と驚きの経緯を告白する。

「何でそこにクモのタトゥー入れた?」というマツコに対し、「可愛いかなと思って」と木下。さらに山里が事務所に内緒でタトゥーを入れた理由を尋ねると、「内緒とかじゃない。普通にやっただけ」と突然語気を強める。さらに山里が「タトゥー入れて(生き方は)変わった?」と尋ねると、木下は「『タトゥー入れて人生変わった』って奴、めちゃくちゃ薄っぺらいと思いますよ」と吐き捨て、その様子にマツコは大ウケ。山里も悔し紛れに「君、(自分より年齢)20コ下だからね」とぼやいた。

後半、木下はNMB48時代を振り返り、「メンバーでの成人式にひとりだけ『国鉄の車掌服』で参加」「AKBグループ総監督・高橋みなみに暴言を吐く」といった数々の炎上エピソードを披露。その破天荒すぎるスタイルにマツコは「見たかったもん、もっとガッツリ勝負して(アイドル)やってる姿を」と感嘆。「キョンキョン(小泉今日子)とかも戦ってたと思うんだよね。そういう戦い方にもしやれてたら、違った形(が)見れたのかなぁって」と悔しそうに語った。

破天荒なキャラクターを見せつつ、一本筋の通った姿勢を見せる木下に、インターネット上ではファンから「行動は破天荒ぽく見えるけど その行動に百花なりの意味あるからな」「百花は確かにぶっ飛んでたけど、みんなに愛されてた」と称賛の声が。木下も、放送後のツイートで「私の行動全てには当然、沢山賛否が起こります、その中でも応援してくださる皆様いつもありがとうございます!」と感謝の言葉を述べていた。

次回10月1日の放送では、15日スタートのドラマ『ルパンの娘』の出演者オーディションを開催。瀬戸康史、武内英樹監督を相手にアウト軍団が体当たりの演技を披露する。