Microsoftは公式ブログにおいて、2021年後半に新しい買い切り型(永続ライセンス版)のOfficeを、Mac向けにリリースする予定であることを明らかにしました。

来年下半期に買い切り型Office for Macをリリース

Microsoftは、10月に「Outlook for Mac」をアップデートすると発表したのに引き続き、2021年下半期(7月〜12月)に、買い切り型の「Office for Mac」(仮称)をリリースすることを明らかにしました。ただし価格や正式な製品名などの詳細は「今後発表する」とのことです。
 
1998年に最初に発売されたOffice for Macは、買い切り型のみでした。しかしMicrosoftは2013年にサブスクリプション型である「Office 365」をMacおよびWindows向けに提供開始、普及に力を入れています。

「Office 2016 for Mac」のサポートは10月で終了

Microsoftは2020年8月、買い切り型の「Office 2016 for Mac」のサポートを、2020年10月で終了すると発表しています。

 
 
Source:Microsoft,AppleInsider
(lunatic)