国会国防委員会では徐旭(ソ・ウク)国防部長官が北朝鮮軍による韓国人射殺事件について答弁した=24日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の国会国防委員会は24日、北朝鮮が黄海上で韓国人を射殺して遺体を燃やし、遺棄した行為を糾弾する決議案を全会一致で採択した。

 決議案は「国会は政府が国連をはじめとする国際社会と緊密に協力して北の反人倫的な蛮行が北東アジアの平和に対する重大な威嚇という認識を共有し、北が軍事的挑発行為を中止・放棄するよう外交努力を並行して行うことを要求する」と発表した。

 また、北朝鮮の行為について、「韓国に対する重大な武力挑発行為であり、朝鮮半島の安定と北東アジアの平和を威嚇する極めて深刻かつ重大な行為」と規定した。

 その上で、「このような挑発行為は北の政権の安定はおろか、国際社会の懸念と怒りを触発する」とし、「すべての責任は北の政権にある」と警告した。