タイ・バンコクから西に約40キロのナコーンパトムにある仏教寺院「ワット・サームプラーン(ドラゴンテンプル)」(2020年9月11日撮影)。(c)Mladen ANTONOV / AFP

写真拡大

【AFP=時事】タイ・バンコクから西に約40キロのナコーンパトム(Nakhon Pathom)にある仏教寺院「ワット・サームプラーン(Wat Samphran、ドラゴンテンプル)」。

 人気の高い観光地であり、ピンクの円筒形の建物に巻きついた竜を見ようと多くの参拝者が訪れ、竜の建物の隣には伝統的な寺院の礼拝の場所である堂塔や仏像がある。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
巨大ドラゴン出現! 仏カレーに観光客向けアトラクション
賛否両論の台湾「神豚」祭り 出品数減少、伝統への見方に変化
ペットボトルを再生利用、マスク作りにいそしむ僧侶たち