台風12号 関東沖を離れて通過の予想に大雨のエリアは限定的か

2020/09/23 10:04 ウェザーニュース

台風12号は当初の見通しよりも早く東よりに進路を変え、関東の沖を少し離れて通過する予想に変化しています。台風が離れて通る分、大雨が懸念されるエリアは縮小する見込みです。ただ、接近時は風が強まりますので、引き続き警戒は必要です。

関東の沖を離れて通過する予想

台風12号は陸地から離れて通過する予想となり、明日24日(木)は関東の南の海上を進む可能性が高くなっています。25日(金)にかけて温帯低気圧に変わりながら三陸沖に達する見込みです。離れて進む一方で、関東最接近時も中心付近の最大風速が25m/sと勢力を保つと見られます。▼台風12号 9月23日(水)9時 存在地域   八丈島の南西約280km 移動     北北東 20 km/h 中心気圧   975 hPa 最大風速   30 m/s (中心付近) 最大瞬間風速 45 m/s

大雨エリア縮小も、多い所は総雨量が200mm前後に

すでに秋雨前線に伴う雨雲が関東や東海の沿岸部に広がり、一部に雨を降らせています。今日の午後からは次第に雨の強まるところが増えてくる見込みです。台風が離れて通る分、発達した雨雲の多くは海上を通過し、予想される雨量は減少しています。それでも秋雨前線の影響があり、関東の広い範囲で100mm前後、伊豆諸島や関東、東北南部の沿岸部などの多い所では200mm前後に達するおそれはあります。短い時間に激しい雨の降ることもありますので、道路冠水や中小河川の増水などには警戒をしてください。

関東の広い範囲で20m/s超の強風に警戒

台風は陸地から少し離れて通る一方で、関東の最接近時も勢力を保ち、明日24日(木)9時の段階でも中心付近の最大風速は25m/sの予想となっています。24日(木)以降は関東から東北にかけての太平洋側で風が強まり、広い範囲で瞬間的に20m/s、沿岸部では25m/sを超えるような強風となる見込みです。大雨のリスクは下がったものの、逆に強風の影響は大きくなる可能性もあります。台風の接近時は強風による飛来物、鉄道など交通機関のダイヤの乱れ、沿岸部では高波などにも注意が必要です。また、台風が温帯低気圧に変わった後も、25日(金)には北日本の太平洋側を中心に暴風となるおそれがありますので、油断は出来ません。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。台風12号の名前「ドルフィン(Dolphin)」は香港が提案した名称で、香港を代表する動物の一つ「白いるか」が由来です。