結成15周年を迎えたロックユニット“GRANRODEO”のボーカル・KISHOW(谷山紀章)とギタリスト・e-ZUKA(飯塚昌明)がパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「GRANRODEOのまだまだハートに火をつけて」 http://mv-sp.gsj.bz/view.page/menu/program/gr/mada2/top。9月15日(火)の放送は、前回 https://tfm-plus.gsj.mobi/news/gu07d8NUrg.htmlに引き続き、『GRANRODEO Tribute Album “RODEO FREAK”』に参加した西川貴教さんがゲスト出演。先日、満50歳の誕生日を迎えた西川さんに、若さの秘密と野望を伺いました。


KISHOW、西川貴教さん、e-ZUKA



9月19日(土)に初のオンライン配信で開催された「イナズマロック フェス 2020」。しかも、当日は西川貴教さんの記念すべき50歳のバースデー! 近年は筋トレに励み、50歳とは思えない瑞々しい若さと肉体美を誇る西川さんにGRANRODEOの2人も驚愕。その若さの秘密とは?

KISHOW:満50歳を迎えられると。

西川:そうなんです。

KISHOW:いやそうは見えない。“悪魔と契約したの?”っていうくらいですよ(笑)。

西川:そうですね、血の契約をね(笑)。

KISHOW:僕も今年45歳で、わりと近いところを並走させていただいているんですが、“目標”というと月並みですけど、どういう50代をイメージしていますか?

西川:僕がちっちゃい頃の50歳の人って、まぁまぁの貫禄だったじゃないですか? なんですけど、今ここにきて……まぁこの業界が特におかしいのかもしれないですけど。

KISHOW:そうですね(笑)。

西川:それこそ、(明石家)さんま師匠とかを拝見しているとですよ、60歳を超えているのにあの元気さ。(一緒に)ご飯を食べに行くじゃない? それで、お会計しているときに、何人かいるとすると「じゃあ、タクシー呼ぼうか?」って、そんな話をしていてパッと見ると、「あれ? 師匠がいない!」てなって、慌ててお店の外に出たら、もう(愛車の)「ゲレンデ」に乗って走っているんですよ!「ほな!」って言って、消えていくんです。

一同:(爆笑)。

西川:「はやっ! いついなくなったの!?」っていうくらい、瞬間移動して「ゲレンデ」に乗って帰っていくんですよ。

e-ZUKA:すごい!

KISHOW:生き急ぐというのか……すごいっすね、やっぱ。

西川:ああいう姿を見ていて、“年齢って記号でしかないな”ってあらためて思いますね。不惑じゃないけど、40歳を超えても迷ってばかりなのに、そういうふうに人生をまだ楽しんでいる人がいるかと思うと、50歳くらいであーだこーだ言ってはいられないなと。

KISHOW:そうなんですよね。僕でいうと、5歳上の西川兄さんとかが、今が全盛期と言わんがばかりのパフォーマンスをしてくださる。JAM Projectもそうですけど、心強い。まだまだおっさんぶっている場合じゃない、老け込んでいる場合じゃねぇなと。

西川:本当にそう思います。それはそれで楽しみも増えますよね。50歳くらいになると、テレビ局でもそこそこのポジションに同じくらいの年齢の方がいるんですよ。前までは、「いつかこんなことできたらいいね」とか「こういうのやれたらいいよね」っていう話しかできなかったけど、今は「やります?」ってなる。

「イナズマロックフェス」なんかも、ジムでよく会う同世代の方とお話をしていると、「今は大変だし。協賛しますよ」となるんです。その場で社長さん同士で話をしてくれて、いろんなものにつながったりね。決裁権を持っている人同士が話をするから、話が早いんですよ。

e-ZUKA:すごいですね。

KISHOW:すごい変な聞き方になるかもしれないですけど……兄さん、何歳まで生きます?

西川:僕はね〜、とりあえずここから“3世紀ぐらい”。

KISHOW:……ん?

西川:今の段階で“やろう”と思っていることを消化するためにスケジュールを書いていくと、300年くらいないとまず無理なんです。それで、ここからまだ毎年(やりたいことが)増えていくわけでしょ?

KISHOW:うーん?

e-ZUKA:350歳までですか? 350歳って、人間でいうと何歳なんですか(笑)?

西川:メタセコイアと同じくらいかな(笑)。

KISHOW:それは、“でっけぇ木”だわ(笑)! そっかぁ、想像を超えてきたな! でも兄さんにはそういうスタンスでいてほしいですね。わりと“半分マジ”くらいの感じで。

西川:うん。本当にある程度したら“義体化”したいもん。

KISHOW:西川さん“やり終えた!”って最後まで思わないでしょうね(笑)。

西川:まったくないね!

KISHOW:絶対老けねーな、この人(笑)。

西川:(義体化したら)“今日はこのボディでいこう!”みたいなね。着替える気持ちで。

e-ZUKA:アハハハ。

KISHOW:武井壮さんと話があったりします(笑)?

西川:アハハッ! 彼はフィジカル精神でなんとかするけど、僕はある程度のところであきらめて、機械とうまく共存して“アンドロイド化”していきます!

2週に渡って仕事からプライベートまでたっぷりとトークしてくれた西川さん。“いつも会うと緊張する”と言っていたKISHOWさんも、今回で「ちょっとだけ距離が縮まったような気がします。次はもっとフランクに話せそう」と語っていました。


----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック! http://www.tfm.co.jp/link.php?id=8268
聴取期限 2020年9月23日(水)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ http://www.tfm.co.jp/timefree_pr/
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:GRANRODEOのまだまだハートに火をつけて
パーソナリティ:GRANRODEO(KISHOW、e-ZUKA)
放送日時:毎週火曜21:00〜21:30
番組Webサイト:http://mv-sp.gsj.bz/view.page/menu/program/gr/mada2/top