インド・ハイデラバードで、新型コロナウイルス検査を受ける男性(2020年9月21日撮影)。(c)NOAH SEELAM / AFP

写真拡大

【AFP=時事】世界保健機関(WHO)は21日、新型コロナウイルスの新規感染者が急増しており、先週には1週間当たりで過去最多となる200万人弱を記録したと発表した。世界中で感染拡大が加速していることがうかがえる。一方、週当たりの死者数は減少したという。

 WHOは21日夜、20日までの1週間に、世界全体で計199万8897人の新規感染者が報告されたと明らかにした。

 これは前週比で6%増となり、WHOは「同ウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)が始まって以来、1週間に報告された数としては最多」だとしている。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
米結婚式で「スーパースプレッダー」現象 177人感染、7人死亡
新型コロナ、患者の半数以上に回復後も「長期の倦怠感」
武漢のプールがすし詰め状態に…マスク姿の客見当たらず 中国