mits / PIXTA(ピクスタ)

写真拡大

 在宅勤務が続いてモチベーションが下がっている人もいれば、逆にモチベーションが上がっている人もいる。下がっている人に話を聞くと、「メンバーとコミュニケーションがとりづらくなくなっている」、「対面で話すことが極めて少なくなり、刺激が少ない」といった理由が返ってくる。

◆コミュニケーションとモチベーションの関係

 逆にモチベーションが上がっている人に話を聞くと、「上司の叱責を受けなくてすむ」、「対人関係で不快な思いをすることが少なくなった」からだという。対面で円満なコミュニケーションをとっていた人はリモートでモチベーションが下がり、コミュニケーションに問題があった人はモチベーションが上がるというわけだ。

 リモートでモチベーションが上がった人に、対面でのコミュニケーションのどのようなフレーズに抵抗感を持ったかを聞くと、上司や同僚の否定的な表現に抵抗感を持ち、モチベーションを下げていることがわかった。

 言い換えれば、否定表現を使いたくなっても決して使わず、肯定表現に言い換えることができたとすれば、自分のモチベーションも相手のモチベーションも下げずにすむということになる。

 それも、否定のニュアンスを一切出さず、顔の色にも出さず、目の色も変えずに、同じ意味のことを肯定表現にいいかえるとモチベーションを上げる効果が高まる。

◆反射的に肯定表現を繰り出す訓練を

 例えば、朝令暮改の上司がいたとして、「コロコロ考えが変わって、トンデモない上司だ」と、面と向かってでも影でも決して言わずに、「なんと柔軟なのだ」「臨機応変で素晴らしい」と言っていると、自分のモチベーションが上がっていることに気づくはずだ。

 「あの人は意思が弱くてダメだ」と言う代わりに、「相手に合わせられる人だ」と肯定的に言う。「計画性がなくて困ったものだ」とつぶやくのではなく、「変化を厭わないところは、さすがだ」と認める。

 過去の成功談ばかり話す上司に、「いつまで過去にこだわっているのだ」と呆れるのではなく、「経験を大事にする人なのだな」とポジティブに捉える。「話が長い」取引先の社長に、「また始まった」とあきれるのではなく、「丁寧に話そうとしているんだな」「聞き手に親切なつもりなんだな」と捉える方法だ。

 「そんなの言葉のまやかしではないか」と思うかもしれないが、試しにやってみるとよい。最初は否定表現をむりやり肯定表現に切り替えている感じを持つだろうが、何度が実施していると反射的に肯定表現が浮かぶようになる。

◆行動で意識を変える

 そして、とても大事なことなのだが、そのうちに気持ちが変わってくる。相手のポジティブな面を見ようという意識が高まってくるのだ。私は、このことを「行動が意識を変える」アプローチと呼んでいる。

 逆の考え方で、「意識が行動を変える」というアプローチがある。「意識を変えないから行動が変わらない」、「意識を変えれば行動が変わるはずだ」という考え方だ。

 しかし、思い起こしてほしい。意識を変えよう、変えようと思って、変わったことがあっただろうか。意識を変えろと言われて、変わった試しがあっただろうか。あったとしても、とても長い時間がかかる。

 それよりも、意識が変わっていなくても、まず行動を繰り返してみると、その行動に即して意識が変わってくる。そのほうが意識を変えようと思うよりも、圧倒的に短い時間で行動と意識が変わるのだ。

 さまざまな企業をサポートし、演習成果を数値化してきた。モチベーションレベルの高い組織はパフォーマンスが高い。誰でもできる、否定表現を肯定表現に変えるという行動が、意識を変え、モチベーションを高めるのだ。