テレワークして発覚…「上司も組織も本当に必要?」の悲劇

写真拡大 (全2枚)

新型コロナウイルスの感染拡大によって不動産の世界は激変している。景気後退が叫ばれ、先行き不透明感が増すなか、日本経済はどうなるか、不動産はどう動くのかに注目が集まっている。本連載は、多くの現場に立ち会ってきた「不動産のプロ」である牧野知弘氏の著書『不動産激変 コロナが変えた日本社会』(祥伝社新書)より一部を抜粋し、不動産の現状と近未来を明らかにする。

テレワークで露見した「上司の働き方」

管理者にとって思わぬ方向から社員たちの能力をチェックできてしまったテレワーク。ほくそ笑んでばかりというわけでもありません。テレワークにした結果、実は社員の側からも管理者の能力が「丸わかり」になってしまったのです。

多くの会社の課長、部長と呼ばれている人たちは、会社から与えられた一定の職務権限のもと、それぞれのタスクを遂行しています。各課はそれぞれで社員を抱え、役割分担をし、課全体としての成果を出します。部になると各課が出してきた成果を管轄し、部全体としての成果を最大限に発揮できるようにしていくことが求められます。

テレワークによって上司の実力も丸わかりになった。(※写真はイメージです/PIXTA)

現場ではどうでしょうか。実際に細かな作業を行なうのは社員たち。課長は出勤してくると社員たちの仕事にいろいろ指導という名の口出しを始めます。仕事内容についてはもちろんですが、人によっては社員の一挙手一投足に細かな指導を加えます。また指導というよりも愚痴に近い会話まで頻々に行なわれています。

たとえば課長。直下の係長相手に、

「係長、あの仕事どうなってるんだ? いつまでたっても出てこないじゃないか。何やってんだよ」

それに対して、係長は愚にもつかない言い訳を始めます。

「課長、それはですね。取引先のですね。部長がですね。なかなかアポイントが取れなくて。何度も連絡しているんですがね。それが」
「連絡の取り方が悪いんじゃないか。もっと工夫しろ!」

こういったほとんど意味のない会話を繰り返し行なっているのが実態です。

同じような会話は部長と課長との間でも交わされます。

「おい、君。困るね。あのプロジェクトはわが社にとって今期の決算に絶対に計上しなければならんこと、わかってるよね。何をのほほんとやってるんだ」
「いえ、けっしてのほほんとなどやっておりません。至急しっかりと対応いたします」
「おお、そうか、頼んだぞ」

生産性のない会話を聞かずに仕事に集中

社員の側から見れば、いつもはオフィスの中で延々と繰り広げられるこうした会話のやり取りが、テレワークで在宅勤務となるとまったく耳に入らなくなります。テレワークを行なったら仕事に集中できた、という声が多く聞かれたのは、会社内でのこうした、あまり生産性のない会話を聞かずに仕事に専念できるという、環境変化が大きく作用していることが窺えます。

牧野知弘著『不動産激変 コロナが変えた日本社会』(祥伝社新書)

社員は実はこうした上司と課長、あるいは部長の愚痴、叱責など、いろいろな社内の声にかなり敏感です。ああ、また課長が怒られているとか、あの部長いつも口うるさくていやだななど、オフィス内を飛び交うさまざまな雑音に聞き耳を立ててしまっているのです。

部長や課長は、出社してきて、ただ椅子に座っているだけで「仕事してます」的な感覚になっている人が多いようです。でも役職があるために、彼らの会話や態度で意外なほど社員たちはいらぬ時間を費やしています。

テレワークになると、このオフィス内環境は激変します。端的に言って部長や課長の声はほとんど耳に入ってこなくなります。彼らは人にもよりますが、若い社員に比べて相対的にネット操作は劣ります。ということは必然、今までのように社員一人一人に細かな指導がしにくくなります。

たとえば、社員との1対1の会話であれば、

「おまえなあ、もっと気合入れてな。がんばるんだ」

という指示もネット上でやると、感情部分がまったく伝わらないためになんだかセリフの棒読みみたいな言葉の羅列になってしまいます。顔と顔を向かい合わせて課長としての思いを込めて発するセリフと、ネット上での伝達には大きな隔たりができてしまうのです。

受け止める社員から見れば「はあ? 何言っちゃってるの」です。また社員の側も直接面と向かって言われている気がしないので、心に響きません。オフィスと違って誰にも見られていないので画面から隠れてあっかんべをしたところで、誰からも怒られたりしないのです。またこうした指導がほとんどまったく意味のないものであることが、ネットの画面上で見るとわかってしまいます。なんだ、課長ってただの体育会系バカ? 社員は妙に冷静に上司を評価してしまいます。

こうした状況により、会社の管理者側の立場から見ても従来のような手法、たとえば相手の感情に訴えかけるような、そんな手法がほとんど通じないということを嫌というほど思い知らされることになります。

テレワークで発覚「上司、組織なんていらない」

テレワークでは、管理者側は社員に対してもっとロジカルに指導を行なわなければなりません。その場の感情はご法度。なんとなく上司としての態度でわからせることもできません。「あ、うん」の呼吸なんて無理。たとえば業務が遅れがちな社員に対して、業務が遅れている理由は? その理由となっている事象は何? その事象を解決するためには何が必要か? その改善によって今の状況はどれだけ解決できるのか? それでも遅れるとするならば最悪のリスクは何? といったロジカルな問いかけをして、業務を改善の方向に持っていくことが求められるのです。

もちろん、こういったロジカルシンキングはオフィス内でも常に行なわれていなければなりません。ところが、なんとなく部長としての威厳だとか強面の課長などといった偶像で、社員を萎縮させ、また管理者側でもそうすることで仕事が進行しているような錯覚を起こしていることに気がつかなくなっているのです。

そうした仮面が通用しないテレワークの世界では、社員の側から見て、上司の能力が丸わかりになってしまいます。

では、部長クラスになるとどうでしょうか。テレワークの世界では面白いことに、役職が上の人間ほど「やることがない」という事態に陥ります。実際に自分で資料を作るわけでもない。部下への指導は課長以下の仕事。常日頃はちょっと課長を手招きして「君ねえ」などと言っていればよかったのが、肝心の課長も在宅ときています。話し相手がいません。

また部長以上になると、仕事のほとんどが人と会うことになります。社内では課長だけでなく、本部長や取締役との打ち合わせ。外部は取引先や関連する業者の社長クラスとの面談。ところが、こうした面談はweb 上のやり取りを除いてはほとんどなくなってしまいます。会議を開催するにしても、ちょっとした打ち合わせを行なうにしても、操作に慣れない通信端末でのセットが必要。こちらが慣れていたとしても取締役は何もいじれない。仕方なく一人自宅の机に向かうと、はて? 何もやることが思いつきません。おおむねこんな辛い思いをしているのがテレワーク時代の役職者です。

さて、こうした事態を見るにつけ考えさせられるのは、本当にこれまでのような組織は必要だったのかということです。会社と社員を1対1の関係にしてしまった結果、見えてきたのが管理者の役割と組織の有効性です。みんなが一カ所に集まることによってなんとなく隠れていた組織内の無駄がテレワークをやった結果、曝け出されてしまったのです。

会社として、この無理やりやらされたテレワークがもたらした課題は、実は大きかったのです。

牧野 知弘
オラガ総研 代表取締役