TF Securitiesのアナリスト、ミンチー・クオ氏が、「iPhone12の発表は10月上旬に行われる、iPhone12 Proシリーズの量産開始が10月下旬まで遅れる」と予想しています。同氏の予想では、iPhone12の5Gミリ波対応モデルの出荷はそれ以降になるようです。

iPhone12発表イベントは10月上旬か

iPhone12シリーズは10月上旬のイベントで発表されると、クオ氏は予想しています。
 
同氏はiPhone12シリーズの出荷開始時期について、iPhone12(5.4インチ)とiPhone12 Max(6.1インチ)の出荷が10月上旬から中旬、iPhone12 Proシリーズのミリ波非対応モデル(サブ6GHzのみサポート)の出荷は10月下旬になると述べています。
 
クオ氏によれば、5Gミリ波をサポートするiPhone12 Proシリーズの出荷はそれ以降になる見通しです。
 
海外キャリアから関係者あてに送られたらしきメールの内容から、iPhone12は10月13日に発表され、16日に予約開始、23日から出荷を開始するとの予想もあります。

Apple Watchは2021年モデルでデザイン刷新

クオ氏は他にも、下記の予想を最新レポートに記しています。
 

iPhone12が120Hzリフレッシュレートディスプレイを搭載しないのは消費電力を抑えるためiPhone12のバッテリー容量は、120Hzリフレッシュレートディスプレイと5G両方をサポートするには十分ではない120Hzリフレッシュレートディスプレイ搭載を実現するためには、低消費電力のLTPO(Low Temperature Polycrystalline Oxide:低温多結晶酸化物)ディスプレイが必要iPhone12(5.4インチ)のみ、ノッチの幅が狭いApple Watchは2021年下半期(7月〜12月)に発表される新モデルで、デザインが刷新される

 
 
Source:WeMP
Photo:Michael Ma/Twitter
(FT729)