動画共有アプリ「ティックトック」のロゴと米国旗(2020年8月3日撮影、資料写真)。(c)Olivier DOULIERY / AFP

写真拡大

【AFP=時事】(更新)米政府は18日、人気の中国系の動画投稿アプリ「ティックトック(TikTok)」のダウンロードと、対話および支払いアプリ「微信(WeChat、ウィーチャット)」の使用を、20日から禁止するよう命じた。商務省が発表した。国家安全保障を脅かすと説明している。

 これにより両アプリは、アップル(Apple)およびグーグル(Google)のオンラインストアから排除されることになる。

 ウィルバー・ロス(Wilbur Ross)商務長官は、「中国共産党はこれらのアプリを、国家安全保障や外交政策、米国経済を脅かすために使用する手段と動機とを明示した」と指摘した。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
10代少女に人気のティックトック、性犯罪の危険性に警鐘
アプリ禁止なら「アップル製品ボイコット」 中国、米に警告
中国の犬肉祭り、今年も開催 コロナ影響で打撃受けるも