これを読んでいる人の中にも、過去マッチングアプリを利用したことがあるor現在利用中という人もいるはず。
ただ、マッチングアプリってアプリ内でマッチングをしてからメッセージのやり取りをして、それから会うので実際会ってから連絡先を交換して、メッセージのやり取りをして……というリアルな出会いとはちょっと違いますよね?
そう、メッセージでは好印象だったのに、実際会ってみたらヤバかったという経験者もいるはず。そこで今回は、マッチングアプリにいた残念男子をご紹介します。

爪が長い…

「スーツ姿はかっこいいのに、爪が伸びていて残念だった。なんかスーツをビシッと着ていても、爪が長いとだらしなく見えてしまい、そのせいで仕事もできないように見えてしまう……」(20代・事務)

▽ ネイリストのハンドモデルとかで、ネイリストの試験が終わるまで爪が切れない! というのならまだしも、面倒くさくて切っていないとか、ズボラゆえの爪なら清潔感に欠けるので、恋愛対象になりにくいですよね。

自分を大物に見せようと必死

「和食屋さんに連れて行ってもらったけど、相手男性が体中に香水をふりかけてきたせいで終始臭かったし、仕事で稼いでいる自慢や、人脈自慢ばかり……。必死に自分を大物に見せようとしていて痛かった」(30代・フリーランス)

▽ 自分を少しでもよく見せようと見栄を張ってしまう男子もいます。ただ、香水臭いうえ、自慢話ばかりでは……まったく楽しめないし、また会いたいとも思わないですからね。

殺人的な口臭と過剰なボディタッチ…

「実際会ったら殺人的に口臭がひどすぎたし、カウンター席で食べている時、ちょいちょい足を触ってきて気持ち悪かった。あの人と食事をした日は本当にここ数年の中で、一番最悪な日だったと思う」(30代・web)

▽ メッセージで臭いまではわかりませんからね……。メッセージで“合うかも!”と感じても、やっぱり実際会ってみるまでわかりません。

プロフの身長嘘! 背低すぎ…

「プロフィールには身長175センチって書いてあったのに、実際会ったら160センチ+5センチヒールを履いた私と同じか、ちょい低いくらい……。めっちゃ身長サバ読んでんじゃん」(30代・フリーランス)

▽ やっぱり見栄を張りたいんです。きっと背がコンプレックスだからプロフで盛ったのでしょう。ただ、会った時のがっかり感が強くなるので、10センチちかくサバを読むのはやめてほしいもの。

髪がかなり薄い…

「実際会ったら、だいぶ髪が薄かった。プロフはニット帽をかぶった写真と、キャップをかぶった写真で、その時は『ハゲているから帽子をかぶっている』ということに気づかなかった」(30代・インストラクター)

▽ プロフの写真がすべて帽子着用なら帽子をかぶる理由があるのかもしれません。ただ、髪なんていずれなくなるのでね。彼の髪よりも人柄を見た方がいいですよ。