自動運転中に昼寝しながら時速140キロの高速走行 カナダ人の男を訴追

ざっくり言うと

  • カナダで、テスラ車を運転していた20歳の男が危険運転の罪で訴追された
  • 自動運転中に昼寝をし、時速140キロメートル以上の高速走行をさせた疑い
  • 運転席と助手席のシートは完全に後ろに倒された状態だったとみられている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x