woo!ah!公式インスタグラムより

写真拡大

日本ではNiziUに温かい眼差しが向けられているが、今年コロナ渦の中デビューしたK-POP新人アイドルグループには、単身韓国に渡りようやくデビューを勝ち取った日本人も多い。デビュー前からTiktokなどで注目を浴び、5月に6人組でデビューしたガールズグループwoo!ah!に所属するソラ(坂田そら)もその一人だ。
・TWICEだけじゃない! K-POPガールズグループで活躍する日本人
グループ名woo!ah!は感嘆と嘆声を生み出すアイドルを意味する。デビューシングルアルバム「EXCLAMATION」も、見た人をアッと驚かせたいという願いを託したタイトル。メンバー自身が思い通りに自らを表現することでファンに気づきを与えたいという気持ちも込められている。ミュージックビデオやアルバム写真はスパンコールを着て撮影し、キラキラ輝く6人のメンバーが印象的だった。
チャートインしたタイトルソング「woo!ah!」は、決定までに他の候補曲と悩んだというが、とてもデビューグループのものとは思えない完成された作品。ファンを惹きつけるベースサウンドと低い声が入り交じるラップ、そしてハイトーンのボーカルで構成される。生歌でも透明で安定感あるソラの歌声は、このグループのフレッシュな一面も感じさせ、発売後1週間で韓国GAONチャートで20位を記録。上々の出だしを見せていた。
7月末には公式YouTubeの「WAPLE Ep.13」で、ソラは全編にわたって日本語で豚足専門店を紹介。テーブルを挟んだ主観映像なので、一緒にランチを囲んでいるようで楽しい。「日本語だけでしゃべっているのが不思議」と言う彼女は、単身韓国に渡ってすっかり彼の地に溶け込んでいるように見える。

デビュー3ヵ月にしてメンバーが脱退


ところが8月14日に、所属事務所のNVエンターテインメントからメンバーのソンイがwoo!ah!を離れたことを発表。最年少でソラともルームメイトだったという彼女は、アクロバットやチアリーディングが得意なラップ担当だった。タイトルソング「woo!ah!」のパフォーマンス冒頭には前転をしながら登場。リーダーのナナによるメインのラップの合間合間に入る彼女のエフェクトがかった低いラップも印象的で、ビートの効いたベースラインとも絡み独自色を出していただけに、とても残念だ。
「個人的な理由」とのことだが、事務所は円満に解決したことを強調し、「これからも残りのメンバーのために頑張っていきます。すぐにファンの元にカムバック(新曲を引っさげて活動に復帰すること)するでしょう。今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます」とコメントしている。

「何かに向かって頑張っていれば絶対に結果は出る」


元気いっぱいの5人グループとなったwoo!ah!の今後はもちろん、ソラの行く末を心配していたところ、8月30日に17歳の誕生日を迎えた動画が動画配信・交流サイトV LIVEにアップされた。
韓国語のほか日本語でもファンからの質問に答え、「早くファンの皆さんに会いたい」とか「あつ森をやってみたら3日間熱中して飽きちゃった」といったコメントとともに、次のようにファンを励ますメッセージも。
「受験の時だけじゃなくて、ずっと何かに向かって頑張っていれば絶対つまずいたり(気分が)ダウンする時がある。でも、いつか報われる時が来ると信じてやれば、絶対に結果は出るので、自分を信じて!」という言葉は、自分自身に言い聞かせる面もあるのだろう、いつも通りニコニコしながらも、語気は力強かった。
それは、デビューアルバム「EXCLAMATION」に収録されたカップリング曲「Payday」のメッセージとも重なる。
「Payday」は、毎日があなたにとっての給料日となるように愛を与えたいという曲。“いつももらってばかりではなく、次は与えたい”という想いを込めた曲で、抑えたトーンながらヴォーカルもパフォーマンスもエネルギッシュ。タイトル曲とはまた違う魅力がある。「ただ受け取ってくれるだけでいい」と言葉では言いつつ、曲の終盤には「誰でももらえるモノじゃないんだから」という下りがあり、彼女のいま置かれているであろう心境を重ねるとグッとくる。未だに歌番組ですら観客を入れずに収録され、ファンとのサイン会もリモートという状況にメンバーの脱退も加わり、17歳の彼女には重すぎる経験だ。
その他の写真はコチラ
そんな彼女だが、9月もwoo!ah!のInstagramに立て続けに投稿して元気な姿を見せてくれている。ひよこのレインコートを着た最新の投稿では、韓国語のほか日本語表記もあるのが嬉しい。ちなみに、リーダーのナナも8月27日にTiktokでNiziUの「Make you happy」を披露。過去にはITZY「WANNABE」のカバーダンスも披露していて、力強いダンスとクールな表情でセンターを張るとちょっと勝ち気な感じに見えるが、笑顔はキュートでふだんはちょっとおっちょこちょいだとか。実力は抜群なだけに、一日も早い新曲を期待しよう。(文:fy7d)

【関連記事】
K-POPと日本のアイドルの違いを自らリポート!? IZ*ONEだけじゃない日本人K-POPアイドルの活躍
K-POPでふたりの日本人を擁する注目の次世代ガールズグループ。実力はホンモノ
K-POP界でソロで活躍する日本人! ジャパニーズ・シティポップで勝負
K-POP新人ガールズグループWeeeklyは毎日でも飽きない!?