ユ・アイン、映画「音もなく」役作りで15kgの増量&髪をスキンヘッドに…新しいキャラクターに期待

写真拡大

俳優のユ・アインが映画「音もなく」(監督:ホン・ウィジョン)を通じて、演技活動で初めてセリフが1つもないキャラクターに挑戦した。

「音もなく」は、拉致した子供を預けて死んでしまった依頼人のため、予期せず誘拐犯になってしまった2人の男の危なっかしい犯罪生活を描いた作品である。これまで代替不可能な存在感で独創的なキャラクターを描いてきたユ・アインは、黙々と犯罪組織の後始末をしながら生きるテイン役でカムバックする。

どういうわけか話さないテインは、偶然頼まれた依頼によって予期せず犯罪に巻き込まれるようになり、すべてが揺れ動いてしまう人物だ。ユ・アインは話さないテイン役を通じて初めてセリフがない演技に挑戦し、繊細な眼差しと細密なジェスチャーで没入感のあるキャラクターを完成させた。

特にユ・アインは犯罪組織の後始末を担当して真面目に働くテインになりきるため、髪をスキンヘッドにするのはもちろん、体重を15kgも増やして外的な変化を図るなど、これまで見せたことがない、全く違う新しい姿で観客たちの心を捉える予定だ。演出を務めたホン・ウィジョン監督は「ユ・アインは、インスピレーションをたくさんくれる。作品について話し合うほど、テインのイメージをより固めてくれて作ってくれた」と彼の抜群の演技力について絶賛した。

「音もなく」は韓国で10月に公開される。