同居する男性を包丁で刺して殺害しようとしたとして、奈良県警橿原署は17日、同県橿原市北妙法寺町、飲食店従業員山里真規容疑者(21)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

 「何もしていません」と容疑を否認しているという。男性は搬送先で死亡が確認され、同署は殺人容疑に切り替えて調べる。

 発表では、山里容疑者は17日午前2時15分頃、自宅アパートの一室で、同居の職業不詳後岡裕哉さん(22)の首付近を室内にあった包丁で刺し、殺害しようとした疑い。

 山里容疑者は同20分頃に「男の首から血が出ている」と119番。駆けつけた同署員に「けんかになってもみ合いになり、気づいたら血が出ていた」と話したという。